ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 福岡市

十数年が経ち、彼は今・・・

▼「鮨と和の食 清吉」の店主 岡本毅
seikichi-small


 「鮨と和の食 清吉(博多)」を訪ねた。カウンターには、十数年前から相変わらず研究熱心な岡本毅店主が立っていた。はにかみ屋でボソッと話をする方だが、いつも何かが頭の中をグルグル廻っている。今日も同様に、アイデアを練っては、指先が届くのか否かを繰り返しているようにも見えた。

 今回の訪問目的は、久しぶりの取材でもあるが、今後の情報発信及びお客を如何に満足させるかの話に集中した。現在の公式サイトに不足しているものは何なのか、顧客の満足度アップ、新規顧客開拓への秘策など・・・色んな切り口から、「鮨と和の食 清吉」の次への昇り階段を模索していった。

 話は前後するが、以下料理写真は、打ち合わせ前にカウンターで頂いた、清吉の握り鮨である。いつ行っても、基本がしっかりしているので、全くブレのない豪華な料理を提供してくれる。本日も、腹の底から唸るほど・・・特に空きっ腹の筆者だったので、一貫の握り鮨がコロコロと音を立てて胃袋に転がり込んでいく。

 筆舌に尽くしがたい、完成度の高い料理に、シャッターを押すタイミングが段々と早まり、握り鮨を頬張りながらの、行儀の悪い取材となってしまった。一貫出される度に、握り鮨がキラキラと光る。旬のネタが、シャリを優しく包み込んでいる。大きさは江戸前一口サイズの上品なもので、こちらの食のスピードに合わせて、握りが作られていくのである。

 この上ないランチタイムが終了する頃には、別室にてアカムツ、大トロの炙りなどの料理がテーブルに並べられていた。それから、別室へ移動して撮影を続けていった。窓ガラスから陽が射し込み、やや逆光気味で、料理撮影に最適な環境を作っていた。

 鮨の高級感を絶対に崩したくない。旬の食材をふんだんに使って、客満足度を際限なく引き上げたいという・・・これが、同店店主岡本毅の拘りでもある訳だ。グルメに厳しい女性群が、ランチタイムに大勢来ている。これでもかというほど、ランチタイムの盛り付けでも、絶対に手抜きがない。ランチとディナーとではネタが変わる妙な店を目にすることもあるが、同店はいつも真剣勝負・正攻法の最優良店でもある。

 福岡県内でも、人気鮨店の一つとして、ファンもすこぶる多い。昨日、撮影した写真をランダムに筆者のFacebookにアップすると、次から次へとファンや知人友人が「いいね!」を連発するのであった。

 何だか誇大広告のようにべた褒めに思われるかも知れないが、それは全くない。ただ、見たまま、感じたままを語っている次第。・・・取材、打ち合わせが終わり、タクシーを呼んでもらった。もう少し、居座って、より突っ込んだ話をしたかったけれども、次の会議を控えていたので、午後4時前には同店を出ることになった。

 以前の記事にも書き綴ったことでもあるが、筆者が乗ったタクシーが、彼の視界から消えるまで、岡本毅は最敬礼を同店玄関にて・・・。この姿は、十数年前と変わらず、礼節を重んじた素敵な仕事人である証。・・・昔を思い起こしながら、後ろ髪を引かれる思いで「鮨と和の食 清吉」を後にした。


DF1_3154


DF1_3180


DF1_3162



【鮨と和の食 清吉公式サイト】 http://www.sushi-seikichi.comLink

【鮨と和の食 清吉公式Facebookページ】 https://www.facebook.com/sushi.seikichiLink

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2015/5/15 02:43 am

ホテルオークラ福岡の桃花林を訪問

▼ホテルオークラ福岡(5月7日オープンしたばかりの1階HAKATAGAWA側より撮影)

DF1_2279


 今年初めての訪問となった、ホテルオークラ福岡の桃花林。ちょうど、料理長は会議などが入っていたために、セカンドが担当することになった。

 ランチといえども、これは完全なディナーのコース。前菜から、点心、それにフカヒレ姿の壷蒸しスープ、蟹肉あんかけチャーハン、そしてデーザートが目の前にサーブされた。

 さすがにセカンドもホテルオークラ東京からの出向組。お任せコースと言ってはいたが、しっかりと筆者の好みや腹の空き具合などをチェックして、組み立てていたようだ。

 これら料理群の中では、点心が気軽なランチ的なものだが、ニラ饅頭など、外側をカリッと仕上げて調理してあったので、サクサクとした歯触りが心地良く、中身がジューシーで旨みを全て包み込んだ絶品であった。

 食後、会議の合間を見計らって、同レストラン料理長や鉄板焼料理長、ヘッドウェイター(その日は休みだったが駆けつけてくれた)と歓談して、ここ数ヶ月の穴を埋めていったのである。

 同ホテルとのお付き合いは15年ほどになる。当社スタッフが、同ホテル開業早々の5月に挙式、披露宴をしたところでもあり、ロゼッタストーン異業種交流会の研修もお世話になったこともあった。

 いつ行っても、どんなに忙しくしていようが、必ず笑顔を見せてくれる彼ら独特の手厚い接遇に、感心してしまう次第。

DF1_2205


DF1_2212


DF1_2227


DF1_2255


DF1_2273


▼HAKATAGAWAを外から撮影
DF1_2327


DF1_2276



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/5/12 01:36 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp