ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 石橋

船場川、そして轟水源。

▼宇土市の船場川と石橋

800_6075


 宇土市(熊本県)は、昨年の熊本地震で甚大な被害を被ったところでもあり、鉄筋コンクリートの市庁舎も、脆くも崩れ去った。それから一年が過ぎ、その周辺を見て回ると、船場川の石橋も崩れ、現在も通行止めになっている。

 地震の惨状を脳裏に浮かべながら、二度目の訪問となった轟水源。そこには、水遊びをする子供連れ、水汲みをするカップルなど、小さな水源に大勢の人たちが集まり、涼んでいた。

 幼い兄弟をずっと眺めていると、つい、吹き出してしまう。「弟の方が裸足で大物!?」と言いたいくらいに、大胆不敵な行動を採る。お兄ちゃんは、様子伺いで消極的な感じを受けた。途中、弟が水中に落ちて、母親から注意を受けていた。

 このように、幼子の元気な姿を見ていると、昨年の地震の戦慄さえ忘れてしまいそうだ。・・・平穏無事な生活ほど、幸せなものはない。


800_6078


▼轟水源 
500_0611


500_0751


500_0754


500_0786


▼取材風景
D60_6536



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/6/8 12:11 am

西唐人町界隈(熊本市)

toujinmachi1


 西唐人町は、市内中心部に近いところだが、古い家々が立ち並び、景観が素晴らしく、すこぶる情緒ある佇まいだ。しかし、思いの外、交通量が多いのには、驚いてしまう。

 熊本地震に被災した家々も多く、現在も復興工事が続いているところも沢山ある。中でも、レンガの大きな壁に挟まれた、「西村邸(熊本市指定 景観重要建造物)」は足場が組まれ、復興に向けて動いていた。

 坪井川沿いにあるマンションや店舗なども同様に多数被災しており、特に、熊本水遺産の明八橋は、至るところに亀裂が走り、欄干などが倒れたままの状態。普段から車は通れないものの、その上を歩くのは危なそうなので、抜き足差し足忍び足でそっと渡った。また、その界隈を住み着いていた野良猫の姿がなかった。

 筆者の個人的な好みではあるが・・・熊本市内では、この西唐人町を筆頭に、新町、横手など・・・古い家々が連なる商店街は、散歩方々写真を撮るには、恰好のエリアであり、しばしば足を運んでは、その街並みの空気を楽しんでいる次第。

 
toujinmachi2


toujinmachi3



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/19 12:44 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp