ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 熊本県農業公園

秋薔薇がじわじわと・・・

850_1040


 熊本県農業公園(カントリーパーク)へ足を運んだ。

 ウィークデイでもあり、時間的にも午後4時頃だったので、無料駐車場にはほんの数台の車。やや湿気があるものの、爽やかな風に吹かれながら、じわじわと咲き出した秋薔薇撮影を試みた。

 まだまだ、疎らである。それでも、四葉のクローバーを見つけるように、あちこちの薔薇を覗きながら、これと感じたものをさっさと撮影して回った。

 園内ではイベント準備の作業中である。曇天にて爽やかな風吹くところでは、スズメバチは大丈夫かと上空、四方八方を確認しながら歩いて行く。以前は、ミツバチが群れをなしていたので、そこにスズメバチが偵察に来たのだった。

 誰しもスズメバチには刺されたくないけれども、同園に咲く薔薇の魅力の方が勝ってしまう。熊本地震を経て、かなり老朽化があちこちに見られる同園ではあるけれども、子供たちの遊び場としては最適の施設ではなかろうかと思う次第。


850_1028


850_1044


850_1059


850_1066


850_1077


850_1092


850_1095



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

               


  • posted by Chikao Nishida at 2019/9/26 10:42 pm

熊本地震の傷も癒えないまま・・・

850_8500


 寒空の下、熊本県農業公園(カントリーパーク)は、熊本地震の傷も癒えないまま、艶やかな秋薔薇の姿が消え、少々寂しさを感じてしまった。

 同園の象徴的な時計台にある牛のスカルプチャーは、熊本地震の時に、2体が真っ二つに割れたままとなっている。どうにか修復をしてあげたい気持ちとなるが、修復予算が潤沢にないのか、又は、熊本地震の遺構として、そのままの姿で残すのかも知れないと・・・。

 ただ、当時、広大な敷地の同園は、揺れに揺れ、各施設にも亀裂が生じたり、軸がずれたりと、致命傷を負ったに違いない。最近だが、やっと施設の一部にも足場が組まれて、修復工事が始まり、作業員の方々が屋根に上り、寒風に耐えながら工事に専念していた。

 カウンターにいる担当職員の女性も「何か取材でしたか?薔薇は全て終わりましたので、何だか寂しいですよね。また、おいでください!」と話し掛けてくれた。


850_8494


850_8493


850_8520


850_8478


850_8482


850_8475


850_8531


850_8534


▼本日の取材ランチ・・・ステーキピラフ(熊本ホテルキャッスル)
850_8464


850_8458



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/14 02:21 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp