ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 極上牛タンシチュー

牛タンシチュー、和洋対決!

▼京料理「えのきぞの」の牛タンシチュー

D85_5041


 一昨日、京料理「えのきぞの」にて、90年前のレシピ通りのドミグラスソースをベースに調理した牛タンシチューを食した。

 やや赤みの強い色合いにて、甘みのあるドミグラスソース。これが、西洋料理発祥の地と言われる「上野 精養軒」のそれをお手本にしたものかと、歴史の重みを感じながら楽しませて頂いた。

 実は、京料理の職人の祖父が、昭和5年に「上野 精養軒」に入社して修行したものが、現在の京料理「えのきぞの」の料理長(三代目)に継承されており、とても優しいドミグラスソースの印象だ。

 一昨日は深い歴史に包まれた夜だったが、翌日は、熊本ホテルキャッスルのダイニングキッチン九曜杏にて、フレンチのシェフが作るドミグラスソースをベースに調理された牛タンシチューを食すことにした。

 このドミグラスソースは、帝国ホテルの流れを汲むものであり、前日の「上野 精養軒」のそれとは全く異なり、やや大人のドミグラスのように感じられた。口の中で溶けるような牛タンに心が躍る。

 どちらが旨いかと問われれば、「Well, that depands !」と言わざるを得ない。勿論、人の味覚によっても左右されるけれども、塩分は京料理「えのきぞの」の方が少なく、食後の喉の渇きは無かったように思える。

 結論は、ドロー。理由は、双方とも、何度食べても飽きず、また食べたいと思ってしまうから。いやはや、極上牛タンシチューが近場にあるだけでも幸せ者と考えるべきだと、つい、肯いてしまった。


▼ダイニングキッチン九曜杏の牛タンシチュー
D85_5125



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/3/14 02:47 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp