ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 本丸膳

治水事業の神

▼右から宇土櫓、大天守、小天守。
daitenshu



 大いなる自然に逆らわず、自然を利用した「治水事業の神」と称せられるのが、武田信玄(たけだしんげん/1521-1573/甲州)や加藤清正(かとうきよまさ/1561-1611/肥後)、成富兵庫茂安(なりとみひょうごしげやす/1560-1634/鍋島)の三武将たちである。

 以前、実戦型の要塞 熊本城を調べている内に、ふと「治水事業」の文字が目の留まり、いつの間にか城の仕組みを調べるのを忘れてしまい、治水事業の歴史に釘付けになった事があった。

 特に、当時ハイカラな武将(胴着の下には幻の染 辻が花を着用・・現在であれば、アルマーニやヴェルサーチ)で知られた武田信玄の治水事業では、将棋頭、十六石、信玄堤などの絡繰りを作り、途方もない水の大きな力に逆らわず、その力を無理なく抑えた武田流の治水事業は目を見張るものがある。

 しかし、そのアイデアも・・・歴史を紐解けば、二千数百年前の中国四川省成都盆地で治水事業を行った、利冰とその息子利一郎の話を、禅僧が直接信玄に伝えたことに端を発しているのだが、その治水事業の根幹を成すものが「孫子の兵法」と言うから、驚き桃の木山椒の木。・・・決して自然に逆らわず、その自然の力を上手く利用して、当時としては大変困難であった治水事業を、親子でしっかりと成し終えたというのが素晴らしい。

 よって、時系列に古いものから並べてみると、利冰とその息子利一郎→禅僧→武田信玄→加藤清正→成富兵庫茂安ということになるが、ここで特筆すべきは、清正の偉業の数々である。・・・例えば、肥後藩は石高54万石とされているが、ものの本によれば、武田信玄を手本にした加藤清正の治水事業の成果で、細川の手に移る頃には90万石を軽く超えていたと記録されている。・・・他の大名から突かれぬよう、当時の江戸に居る老中には虚偽の申告をしていた訳である。(袖の下も当然あったのかも知れない)

 尚、清正は治水事業を行うにあたり、勿論、信玄の偉業を参考にはしたものの、独自のアイデアを沢山盛り込み、高度且つ完成度の高い意表を突くような治水事業を成し遂げている。また、その知恵は治水事業の範疇に留まらず、熊本城築城当時を紐解けば、あらゆる処に清正の天才的で憎たらしいほどの知恵の痕跡を見ることが出来る。

 それは、茶臼山の自然の起伏をそのまま活かし、川の流れを直接外堀へ引き、万が一の籠城戦に備えて、城内には食用として沢山の銀杏を植樹し、各部屋の畳床には芋茎を編み込み、戦いの最中であっても、食糧が不足した場合でも、その芋茎をお湯で戻せば、即座に飢えを凌ぐことができるといった具合だ。

 このように昔の武将たちの知恵を垣間見ると、現代における企業戦士たるものは、清正の如く「知識と知恵」、そして「洞察力と判断力」を兼ね備え、且つ、人並み外れた「行動力」を持たねば何事も成し得ないと言っても過言ではないのだ。

 ※「知識と知恵」+「洞察力と判断力」+「行動力」


shoutenshu




【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2013/9/10 03:38 am

ミイラ取りがミイラになる。

chikao3



 取材で被写体をファインダーから覗き込み、あれこれ撮影するのは大の得意だが、その横から後ろから写真を撮られるのは得意では無い。カメラ大好き人間ならば分かると思うが、特に、ポーズしたり、レンズを直視していると、ちょろんと眼球が余所を向いてしまう。・・・

 今回の先見塾野外活動は、熊本城撮影会。二の丸から宇土櫓、加藤神社へと足を運び、数百枚の写真を撮ったのだった。

 全ての写真はその模様だが、今回の写真は同塾の淀川司朗塾生の盗撮作品。正直なところ、殆ど気づかない内に撮されていたようだ。・・・歳を重ねると、頭頂部が少々気になり、バックからの攻撃に弱い。・・・同塾生も気遣ってか、上手い具合に光と影の「影」を落としてくれていた。「禿げ」を落としていたら、Fuck you very much !である。(笑)


chikao1



chikao2



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2013/8/30 11:20 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp