ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 日本料理

「えのきぞの」の姿が見えてきた!

▼「えのきぞの」周辺を散策
DFD_7649


 「えのきぞの」の新たな出発点となる、新屋敷の店構えがようやく見えて来た。内装工事もほぼ完成し、後は電照看板や電話などの工事が完了すれば、9月3日に向けて一気にジャンプしそうである。

 本日は、「えのきぞの」の前を流れる大井手川をそぞろ歩き、川面を飛び交うトンボと戯れ、井手の対岸から新店舗工事の進捗状況を眺めていた。とても、熊本市内の中心近くにあるとは思えぬほど、静かである。店舗前の道は車の往来はさほど多くなく、周囲には1時間100円の有料駐車場が数カ所あるようだ。

 さて、90年近くの歴史と伝統を誇る「日本料理 ENOKIZONO」が、「えのきぞの」として新屋敷で生まれ変わる。正直なところ、いくら仕事と言えども、その瞬間に携わることができるのが大変嬉しくもあり、他人事ではないように胸がワクワク、ドキドキしている次第。

 蛇足だが、市内中心部からのアクセスを再確認する為に、車で熊本ホテルキャッスルから国道3号線(藤崎宮前)に出て、明午橋(白川)を渡り、大井手川沿いにある「えのきぞの」まで10分も掛からなかった。思ったよりも近かった。


DFD_7654


DFD_7657


DFD_7690


enokizono


DFD_7618



▼「えのきぞの」全天球写真
 https://theta360.com/s/lrTeeELXreeLyBgDCdsBjk5GGLink

◎「えのきぞの」
  〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9−19 濫觴77A(9月10日開店予定)
  電話番号:096-211-5525(8月下旬開通予定)
▼「えのきぞの」公式サイト(プレオープン)
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/22 12:58 am

「えのきぞの」最新情報・・・

place


 「えのきぞの」が、9月3日(月)を目処に移転(旧店舗は5月末で店仕舞い)し、開店に向けて動き出した。店主は榎園豊成氏。熊本県内では数少ない京料理の匠の一人であるが、たいへん温厚な方なので、県内外に多くのファンが根付いている。

 移転先は、熊本市内の高級住宅街で知られる新屋敷。白川より分岐した大井手川が、新屋敷方面に向かって流れ込んでいる。ちなみに、この大井手川は加藤清正の治水事業として知られる井手で、昔は鰻が沢山捕れていたと或る人が呟いていたことを思い出す。

 その大井手川に沿った細道は、ワンチャンのお散歩コースとしても打って付け。閑静で恵まれたところに、名称改め「えのきぞの」(旧店舗名:日本料理 ENOKIZONO)として、開店することになる。個人的にもとても楽しみにしている食事処として、注目している次第。

▼「えのきぞの」全天球写真
 https://theta360.com/s/lrTeeELXreeLyBgDCdsBjk5GGLink

◎「えのきぞの」(2018年8月13日情報)
  〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9−19 濫觴77A(9月19日開店予定)
  電話番号:096-211-5525


▼店主 榎園豊成氏
D75_2600


▼「えのきぞの」の新ロゴ(書:西田親生)
enokizono


▼過去記事サンプル
kiji



               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/13 01:03 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp