ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 日本料理

「四季の味 やまもとや」が、見えてきた!

yume


 呆然と天井を見上げていた、「喰処 やまもとや」の三代目 山本剛大さん。熊本地震後、取材に行った時のワンショットである。その時、三代目がじっと天井を見つめている姿を見て、とても胸が痛くなった。

 しかし、辛い2年半が過ぎ、二代目から三代目へのバトンタッチを前倒しにして、家族一丸となって全壊した店舗を立て直し、次のステップへ進む決断がなされた。勿論、二代目や家族の大きな支えが有ってのことだが、三代目が描く近未来像を可能な限り具現化する方向で、新店舗再建構想がスタートした。

 今回、新店舗のコンセプトは、優しさと繊細さ。旧店舗よりも二段も三段もグレードアップし、地元の方々は勿論のこと、町外からのお客が益城町へ足を運んでも、心行くまで料理を楽しめ、癒される店作りを目指している。

 二代目の構想は壮大なものであるが、しっかりと足固めをしながら、一段、そして一段を上がって行くのだろうと。先般立ち寄った時に、二代目へご挨拶と話をする機会があった。一瞬にして、プロの職人としてのオーラを感じた。それは、職人としてのオーラのみならず、三代目に大きな期待を掛ける父親としてのオーラでもあった。

 多分に、熊本地震という未曾有の大災害で、いつまでも子供だと思っていた長男(三代目)が、急に家族全体を支える大黒柱になったと認めたに違いないと、筆者なりに感じ取れたのである。勿論、二代目はまだまだ若く、十分現役であるべきだろうけれども、新店舗においてはシェフコートを着ることはないと言う。

 全てを任せられた三代目。数年前に出逢った若き職人だったが、筆者から見ても、すこぶる頼もしいほどに眼光がギラギラと輝いてきたように思えてならない。一言で三代目を表現すると、「実直」という言葉が似合い、常に向上心を忘れず、前に前にポジティブに進む人物である。

 昨日、新たなロゴも決定し、更には、新店舗が自信を持って提供する料理群もじわじわと見えてきた。以下の料理写真は新店舗「四季の味 やまもとや」から提供されたもの。じっくりと各料理を拝見すると、旧店舗時代の料理とは遥かに高いレベルにて動き出したことが窺い知れる。

 因みに、新店舗のグランドオープンは、11月9日。熊本地震後に残念ながら逝去した初代であるお爺さんも、天国にてにこやかに見守っているのではなかろうかと・・・。


▼料理写真提供:四季の味 やまもとや
menu2


menu1


▼現在建築中の新店舗
850_5146




◎「四季の味 やまもとや」
 〒861-2231 熊本県上益城郡益城町安永575ー2番地
 電話:096-286-2017
▼「四季の味 やまもとや」関連ニュース
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/9/25 12:00 am

滑り出し上々の「えのきぞの」!

▼「えのきぞの」の料理長 榎園豊成さん
850_4866


 「えのきぞの」が移転オープンして、4日が経った。立ち上げまでの2ヶ月間に携わり、毎日が、まるで自分の事のように気になってしようがない。

 料理長である榎園豊成さんの話では、ランチもディナーも、以前からの常連客の方々も、また、新たに来られる方々も、「えのきぞの」の懐石コースに満足されているようだ。筆者も既に二度食しているけれども、面白いことに体全体が歓びまくり、「えのきぞの」の料理に惚れ込んでしまった感がある。

 さて、3回目の食事をいつにするかを決めかねているが、先ずは、お客様ファーストで、静かに見守りたい。されど、頭の中は、「えのきぞの」の懐石料理がぐるぐると回ってしまうのである。記事を書きながら、土鍋炊き立ての「ごはん」が無性に食べたくなってしまう。

 因みに、ランチは2,500円(税別)、ディナーは5,000円(税別)が人気と聞くが、ランチを食すのであれば、あの逸品「吸物」が付く「雅コース」3,500円(税別)をお薦めする。「吸物」一つだが、その満足度が如何なるものか、お試し頂ければと・・・。勿論、電話でのご予約もお忘れなく!


▼ランチ懐石「雅コース」サンプル
kaiseki


▼ランチのご紹介(※店頭にて配布しています)
kondate


▼正面右手の客席(また、左手には庭の見える部屋がある)
800_9610


▼カウンター席
800_9620


▼大井手川沿いの風景と「えのきぞの」看板
D75_4235


▼大井手川と楓
DFD_7657



<ランチ>
◎お昼の懐石 日和コース 2,500円(税別)
・前菜・お造り・焚合せ・揚物・焼物・ごはん・味噌汁・甘味
◎お昼の懐石 雅コース  3,500円(税別)
・前菜・お造り・吸物・焚合せ・揚物・焼物・ごはん・味噌汁・甘味

<ディナー> 
◎夜の懐石 3,500円、5,000円、7,000円、9,000円(全て税別)


▼「えのきぞの」
  〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9−19 濫觴77A
  電話番号:096-211-5525
▼「えのきぞの」公式サイト(プレオープン)
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
▼「えのきぞの」全天球写真
 https://theta360.com/s/lrTeeELXreeLyBgDCdsBjk5GGLink

文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/9/23 04:27 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp