ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 恥ずかしさの境界線

「大人のムシケ」は、薄幸駅への片道切符。

▼記事内容と写真は関係ありません。

PURE-PIGEON


 コンビニでレジ前に立つ客を見ていると、すこぶる滑稽だ、立ったまま片足貧乏揺りをして、待つ時間への苛立ちをボディーランゲージにて訴える。買い物カゴを放り投げるようにレジカウンターに置く仕草など、民度の低さを堂々と周囲の不特定多数の人たちの面前で演じるのである。

 駐車場先の公道への狭い出入り口に、出て行く車があるにも関わらず、強引に突っ込んで、駐車場へ入り込もうとする人がいる。必要以上に大きな音を立てて、車のドアの開け閉めをする人がいる。買ってきた缶コーヒーを飲み干し、駐車場から出る間際にポイ捨て。猿が人間の着ぐるみを着ているようだ。

 レストランで、敢えて周囲に聞こえるような大声で、ワイワイガヤガヤ。そして、下品な笑い声がこだまする。去った後のテーブルは、食い散らかしのゴミだらけ。猪が畑を荒らしたように、そのテーブルだけが美観を損ねる。時には、自ら持ち込んだゴミをテーブルに置き去りにする。

 「ハーーークション!」と大音響のクシャミをして、その後、「あ〜♪」と満足げな顔をする人もいる。手洗いで、鏡や壁に水飛沫を飛ばしまくりの人がいる。ペイパータオルを何枚も引き出し、そのまま丸めて捨てている。また、手も洗わぬ人もいる。劣悪な生活臭が漂う瞬間である。

 これらの人たちは、見えざるものへ、何を訴えたいのだろうか。物に当たり、人に当たり、そして、自分自身の「今」に当たっている。アンガーマネジメントでもしっかりと学び、己の愚かさ、恥ずかしさ、情けなさを十分知る必要がある訳だが、そんな学習能力があるはずもない。

 それを、「大人のムシケ」と名付けることにした。身勝手さが罷り通れば、それに味しめて、強がったり、難癖つけたり、周囲への迷惑行為を続けるようになる。周囲は、誰も貴方を見ていないし、誰もその低民度に興味もない。しかし、目立ちたいのだろうか、お構いなしに蛮行が続く。

 以前、あちこちのホテルの担当者から聞いた話だが、部屋のドライヤーやトイレットペーパー、更には、手指消毒液のボトルなどを、チェックアウトの時に持ち帰る人もいると言う。窃盗である。もしかしたら、偽名を使って宿泊していたのかも知れないが、実にさもしい人間である。

 さもしいと言えば、某ベーカリーのレジにて、年配女性がパンを購入。購入後にカード裏側にスタンプを押してもらうのだが、一度現金で買った6個のパンの内、3個を返品しその分の返金を受ける。そして、何食わぬ顔して立ち去った。結局、3個のパンで、6個分のスタンプを貰ったことになる。

 まあ、「大人のムシケ」を日常としている人は「勝手にどうぞ!」だが、それは、薄幸駅への片道切符であることを思い知るが良かろうと。しかし、日本国の教育システムは大丈夫なのだろうか!?余りにも、人間の着ぐるみを着た猿が多すぎて、絶句するばかりとなる。・・・本当に、さもしすぎる!


PURE-ROSE


PURE-01



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/29 12:00 am

仕事人、できる男の身嗜み(2)

▼前川水源近くの花菖蒲

SHOUBU-0


 今回は、ホテルで見掛ける仕事人を観察して、それから自分自身を振り返ろう!

 先ずは、ホテル玄関に車で乗りつける仕事人の比較だ。玄関前で急ブレーキで止まる車と、静かに止まる車。どちらが素敵かと言えば、デリカシーのある方であれば、後者が素敵だと言うだろう。正解である。自分の車を高級車だと自慢げに急ブレーキ踏む仕事人は、ガキと同じで、不恰好。

 では、車をホテルに預けて、玄関に入る瞬間の仕事人を見てみよう。ベルボーイが自動ドアのセンサーに触れてドアを開ける瞬間に、「ありがとうございます!」と言う仕事人と、仏頂面で威張り腐って入る仕事人の比較である。前者はすごくクールな紳士だが、後者は語る価値もない。

 次に、レストランでの会食の様子を見回してみよう。マスクを顎に下げて、大声で笑う仕事人。ウィズマスクで静かに語る仕事人。勿論、後者がクレバーな仕事人の所作である。前者は、田舎臭いと言うか、空気を読めず、自分の足元も見えないデリカシーのなさが浮き彫りとなり、恥ずかし過ぎる。

 さて、食事中の動作を観察してみよう。食べ物を口に入れて、くちゃくちゃ音を立て、食べながら話しまくる仕事人。逆に、料理の盛り付けや香りをしっかりと確かめ、食材の一つ一つを楽しむ仕事人。後者が大人の所作だが、前者は、海外に行けば「Don't speak with mouth full !!!」と叱られる。

 更に、椅子に腰掛けて食すときに、両足の靴を脱いで足を突き出し、テーブル向こうの椅子に踵を置く仕事人。お尻を椅子の奥に付けて、背筋を伸ばして足を揃えて腰掛ける仕事人。勿論、後者が紳士である。前者は、パブリックスペースであることを完全に忘れいている、躾の悪い仕事人となる。

 最後に、和食を食すときに、コンニャクや里芋を箸先で突き刺して口まで運ぶ仕事人。箸先で里芋を挟み割って、半分ずつ口に運ぶ仕事人。前者は下品極まりなく、迷い箸でもしようものなら、友達の縁を切った方が良い。後者は日本人として当然の箸の使い方であり、高尚さが伝わってくる。

 このように、ちょっとの間、人間観察をしてみれば、色んな癖を持つ仕事人に出くわすことになるが、見るに耐えない仕事人は、先ず、仕事が捌けないと言っても過言ではない。相手の立場を考えることもできない仕事人なので、良い仕事が一緒に出来るはずがなく、必要もないと言うことになる。

 ホテルのホテルと言われる、ザ・リッツ・カールトン。同ホテルは「クレド」で世界的に有名なところだが、スタッフたちは皆、「WE ARE LADIES AND GENTLEMEN SERVING LADIES AND GENTLEMEN」が合言葉。よって、顧客の質も上質にならざるを得なくなってしまう。

 貴方がクールで捌ける仕事人であれば、上述のことなど、全て「分かりきった事ですよ!」と言うに違いない。・・・正解!


SHOUBU-1


SHOUBU-3


SHOUBU-4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/8 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp