ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 幼少期

鈴の音が聞こえて来る・・・

▼熊本ホテルキャッスルロビー

D80_2084


 幼い頃に通っていた、カトリック系の幼稚園。クリスマスが近づくと、その頃の思い出が、頭の中に1677万色の総天然色で蘇る。

 親や周囲、そして幼稚園の園長ご夫妻に無理を言って、当時1年保育が当たり前の時代に、3年と4ヶ月通ったのだった。

 その理由は、幼友達が皆2〜3歳上ばかりで、幼友達が幼稚園に通い始めると、楽しみにしていた遊び相手が、毎日午前中から昼過ぎまで居なくなってしまった。

 今でも覚えている、入園の時。・・・父母に連れられ、某市の検察庁から200メートルほどの右手にある幼稚園。門を過ぎると、小さな運動場?と遊具、その奥に古い木造家屋の幼稚園があった。また、裏には西洋胡桃だと思うが、木々が茂っていた。

 両親に躾けられたように、ちゃんと挨拶はしたものの、玄関から入らず、段差の高い廊下へと飛び上がった。園児は皆年上ばかりだが、いつもの幼友達と変わらないので、何の違和感もなかったと記憶している。

 しかし、自宅周囲の幼友達の顔が見えない。何故だろうと思い、お姉さん先生に聞くと、分からないと言う。・・・家に戻り、母に聞くことにした。「あ、たかしちゃんね!・・・市立保育園に行っているんだってよ。」と・・・。隣同士が、互いの家を境に、各々反対方向の保育園と幼稚園に通うことになったようだ。今なら、リサーチ不足ってことになる。

 その幼稚園の園長とご婦人には、筆舌に尽くしがたいほど大切に育てられた。園内では一番小さいが、元気がいいので、世話を焼かせたのは間違いない。フィルム缶を右足の親指で踏み血だらけになったり、相撲をしていて相手を焚き火の場所へ投げ飛ばし火傷させたりと・・・とにかく、今で言えば「問題児」だった。

 その暴れん坊が、一番静かになるのが、「おかあさんといっしょ」の番組を見ている時と、給食の時だった。「ブー・フー・ウー」に迫る狼に、いつも勧善懲悪の心を持ち、ハラハラしていた。そして、腹が空くとランチタイム。何故か、同幼稚園は当時からパンが支給されていたように記憶している。

 1912年(大正元年)には、第1回の卒園児を送り出した伝統ある幼稚園で、既に、100年以上が経っている。お元気であれば、第1回卒園の方は、105歳ということになろうかと。今は統合合併されて、昔のシステムではなさそうだが、当時は、名門中の名門と噂されていた。

 気づけば、同級の園児では、医者になった友人が数人もおり、また、学校の教育者として活躍し、学校長になっている友人も多数いる。僅かな園児の数からすると、とんでもない確率でエリート達が巣立ったことになる。(筆者は除く)

 そして、我々の一番の楽しみが、クリスマスだった。殆どが仏教徒ばかりなのに、カトリック系の幼稚園とはこれ如何にという感じもするが、そこが日本人。全く違和感なく通いつめ、クリスマスの演劇の準備に四苦八苦していた。時には、羊飼いなのかと思いきや、春先のイベントでは花咲か爺さんの役をやったりと・・・、摩訶不思議な体験をしたものだ。

 昔の話はさておき・・・

 最近の熊本市内は急に寒波が襲い、先日までうららかで暖かな日が、あっという間に、阿蘇などでは積雪もあり、寒暖の差が激しい真冬と化し、冬将軍の到来となった。熊本市は温暖で南洋諸島のように誤解されているが、実は、冬は底冷え、夏や蒸し暑いという、メリハリのある地域でもある。

 昨夜は、会食を済ませ、帰り際に、いつもの熊本ホテルキャッスルへ足を運んだ。・・・ロビーにはスカーレットの色鮮やかなクリスマスツリーの飾り付けも終わり、その近くで若い女性たちが立ち話をしていた。ガランとしたロビーにあるツリーよりも、賑々しく語っている女性たちと共にツリーを撮影した方が絵になるだろうと思い、シャッターを切らせて頂いた。(顔は暈している)

 幼い頃の記憶は恐ろしいもので、シャッターの瞬間に、当時の幼稚園の映像が、当然のごとく浮かんでくるのだ。まだ、スイーツなんぞ世の中に浸透していない時代。しかしながら、我々は、カトリック系の幼稚園に通っていたお陰で、毎年、大きなクリスマスケーキに在り付けたのだった。

 お茶をして体を温め、同ホテルの玄関を通り、車に乗り込もうとした時、「シャン、シャン、シャン♪」と鈴の音が聞こえて来たような、来ないような・・・。「三つ子の魂百まで」と言うが、現在の大人の自分自身と比較しながら、苦笑いを抑えきれず車に乗り込んだ。

D80_2078


▼殆どが同幼稚園に通っていたようだ(なるほど・・良く見ると、現在、学校長も女医もいる!)
IMG_4839



【ディー・アンド・エル社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2014/12/5 02:53 am

十数年振りに母校を訪ねる・・・

▼山鹿市立山鹿小学校
yamaga1


yamaga2


 十数年振りに母校である山鹿市立山鹿小学校を訪ねた。中学校に入学するころから、転勤族であった父の金魚の糞となり、県外を点々としていたので、郷里の母校に足を運ぶ事は滅多になかった。

 久し振りにその姿を見て、正直なところ、驚きの色を隠しきれなかった。無数にある記憶の箱が一度に開封されると、幼稚園や小学校時代の頃の出来事が、爆発するような勢いで、脳裏を駆け巡る。

 新校舎は、デザイナーズブランドのような、総ガラス張りで、室内は独特な構造となっており、木の香りが一杯の、憩いの為のパブリックスペースかと思うほどに、各施設が配置された機能美溢れる庭園そのものである。

 筆者が小学校2年生になる頃に、当時の木造教室が全て鉄筋コンクリート3階建ての校舎になったと記憶している。それから半世紀近くが立ち、その母校の姿は余りのも眩しく、近代建築物が現代建築物に、そして未来建築物に変わっていた。

 しかし、だだっ広い運動場は当時のままだ。運動会の後なのか、ライン引きでトラックを描いた跡があり、当時の小学校の大運動会の映像が、運動場一杯に広がって行ったのである。当時、鼓笛隊の指揮をしていた筆者は、行進の先頭を歩き、鼓笛隊の後にバトンガールが続き、その後に、1年生から全校生徒が行進して行ったのだった。

 同校は、熊本県北地区で最大級の小学校。1学年6クラスあり、全校生徒は約1500人ほど居たように記憶する。たぶん、現在は少子化となっており、かなり生徒数も減っているのだろうと・・・。

 また、運動場のすぐ東側には大宮神社がある。大楠が茂り、夏はクマゼミの鳴き声が絶えず、その木陰で遊び回っていた事を思い出す。大楠の上から降りて来た大きな青大将に腰を抜かしたり、地面に蝉の小さな穴を見つけては掘り起こし、それを自宅の机の引き出しで孵化させたりと・・・幼い頃の思い出は尽きない。

 このように、大人になった今、当時の自分の足跡を求めて、それをトレースするのも面白い。幼い頃は、善きも悪しきも罪はない。恨み、辛み、妬みもない、大らかな時代を過ごせたのである。・・・少なからずとも、歪んだ人生を送らずに済んだのは、幼少期において、この素晴らしい環境下で育つことができたのが一番の要因だろうと、つくづく親や友人、知人に、心より感謝しなければならないと・・・。


▼大宮神社
yamaga3


yamaga4



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/9/16 03:49 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp