The Rosetta Stone Blog

タグ » 川魚

今日の八景水谷湧水池・・・

▼サンシュユの赤い実
500_2496


 ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)の光専用回線の切り替え工事に立ち会い、午後3時半過ぎに八景水谷公園の湧水池(熊本市北区)へと足を運び入れた。持参したのは、600mm超望遠レンズ。まず、水の科学館近くにあるサンシュユの赤い実を撮影した。傾いた太陽光が当たり、とても美しい。

 それから湧水池へと。一番目につくのは、やはり青鷺である。なんのパフォーマンスをすることもなく、湧水池中央に突っ立っている。超望遠カメラと三脚持参のカメラマンが三人ほどで、いつもより少ない。カワセミを追っていたようだが、よく見ると、岸辺に近い止まり木にカワセミがいた。

 レンズを向けて間も無くカワセミが去ったので、あとは鴨のパフォーマンスを期待したが、今日はおとなし目の遠目のスタンスにて、数枚の撮影で終了した。帰り際に、小さな池を覗くと、カワセミが再び顔を出してくれた。時計を見ると午後4時半を過ぎていたが、折角なので、被写体になってもらった。

 カメラの設定をチェックしていると、既に小魚を咥えているカワセミ。いつ見ても、八景水谷公園の人気マスコットのようである。


500_2499


500_2504


500_2735


500_2685



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/11/8 02:51 am

アーティスティック・スウィミング

500_1431


 夕刻になり、慌てて八景水谷公園へと足を運んだ。超望遠レンズの常連カメラマンが数人、三脚立てて陣取っている中で、いつも手持ちの筆者は会釈をしながら、水神さんを祀ってあるところへ移動した。

 今日は何気に静かな鴨ファミリーと中鷺が毛繕いしていたようだ・・・と思った時に、1羽の鴨がバシャバシャと暴れ出した。急に始まった水浴びだが、アーティスティック・スウィミングのように、足を上げて潜り、頭が急に飛び出したりと、見ているだけで滑稽なアクションである。

 実は、先般のカワセミをぐっと引きつけて撮りたいという気持ちがないと言えば嘘になる。しかし、八景水谷公園の湧水池には色んな野鳥や小動物がいて、別にターゲットを絞らずとも、行き当たりばったりで撮影を楽しめるというものだ。

 よって、今回は、鴨のアーティスティック・スウィミングを連射しまくり、そのアクションや表情を楽しませていただいた。・・・横には、岩の上にバレーボールのように丸まって寝ている鴨もいて、妙におかしかったので、最後のシャッターを切った。


500_1453


500_1554


500_1613


500_1637


500_1696


500_1699


500_1718


500_1771


500_1795


500_1803


500_1823


500_1824


500_1932



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/11/2 12:16 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp