ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 山鹿灯篭まつり

山鹿市探訪・・・

▼さくら湯

DF1_2694


 今回は、我が故郷である山鹿市探訪となった。

 冷たい風が吹きまくり、大変寒かった。温泉プラザ山鹿屋上にある駐車場に車を預け、先ずは、ランチタイム。華北飯店にて、リーズナブルで美味しいランチを食べて、「さくら湯」や「豊前街道」を散策しながら撮影することにした。

 八百年の歴史を誇る山鹿温泉。ほとんどの温泉場は、当然のごとく、掛け流し。湯量も泉質も、九州で最高峰の太鼓判を押されるほど素晴らしい。ちなみに、美人湯とか美肌湯と言っても過言ではなく、一度、この温泉に入れば、肌はツルツルとなってしまう。

 山鹿の象徴的な存在である「さくら湯」。平成24年10月に復元されたばかりだ。道後温泉を彷彿させる、立派な構えである。芝居小屋 八千代座に勝るとも劣らぬ日本建築物に、うっとりと見入ってしまうほどだ。あいにく、歩道などの工事が入っていたために、数枚写真を撮影して、豊前街道へ(下町、中町他)向かった。

 千代の園酒造の古い建物から、その道沿いは、江戸時代にワープしたような店構えが残っている。マンションのゲートと壁は真っ白な土蔵造りのようなデザインで、その道沿いは、すべて景観を重視した街づくりとなっている。日本人であるがゆえに、この和の空間はしっとりと癒されてしまう。

 それから車で八千代座に移動し、芝居小屋の外観を数枚撮って戻ることにした。

 熊本県北部にある山鹿市。現在は、鹿本町、鹿北町、鹿央町、菊鹿町の4町が、平成16年6月18日に統合合併し、新しい山鹿市となっている。私は、小学校六年生まで同市で育ち、父親が転勤族だったために、この故郷に戻ることなく、現在に至っている。

 街並みを歩くと、同級生の店舗などがあちこちにある。急に足を運んだので、そのドアフォンを鳴らすことは遠慮するものの、当時のことを思い起こせば、すべて楽しく充実した思い出ばかりが詰まった、素晴らしい故郷であることが、私の誇りでもある訳だ。

 
DF1_2688


DF1_2702


DF1_2686


▼豊前街道
DF1_2720


DF1_2715


DF1_2729


DF1_2731


DF1_2734


DF1_2737


▼芝居小屋 八千代座
DF1_2795


DF1_2801


▼取材風景
buzen



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/3/1 12:52 am

故郷を切り撮る・・・

▼山鹿市鹿本町の田園風景

800_2004


 急遽、山鹿市へ足を向けることにした。北バイパスを通り、飛田バイパスから菊池、それから菊鹿(鞠智城跡)経由で、山鹿市へと。

 しかしながら、嫌な予感が当たってしまい、鞠智城跡にある食事処は今日に限って「休みます。」と書いてあった。夏休みの金曜日に、食事処が休んでは洒落にならないが、目の前のホワイトボードにしっかりと書いてあった。凄く残念な気持ちとなった。

 よって、菊鹿から鹿本を通り、山鹿へと。・・・農道をスポーツモードで、勿論、法定速度内だが、突っ走ろうと思ったら、左手に美しすぎる田園地帯を通過することになった。一度は通り過ぎ、諦めかけたものの、また思い起こし、前からくる大型トラックが行き過ぎてUターン。美しい田園地帯へ再び戻って行った。

 僅か5分程度だったろうか、農道と言えども予想外に車の往来が多いので、足元には十分注意した上で、その水田を数枚撮影したのである。気づけば、私が生まれた旧実家の近くでもあり、昔々、両親と墓参りに何度か来たことも思い出した。

 撮影を終わり、農道を横切り車に乗った。それから山鹿方面へ向かう中で、細い道を通ることになり、小さな店が左手に見えてきた。昔、この店で何かを買ったことが脳裏を過ぎった。何を買ったかは定かではないが、買い物を頼まれ、その店に行って買い物を済ませ、親戚の家に戻ったことを思い出したのである。

 なるほど、この辺一帯が、父方の親戚が住んでいるところなのだろうと・・・。既に、父は他界しており、その親戚の方々との交流はほとんど無くなってしまっている。懐かしい「とじこ豆」のお菓子も頭に浮かんできた。祖父に連れられ、山鳥を撃ちに行ったこともある。祖父が保有していた山の中に足を踏み入れて、キノコ狩りをしたこともあった。

 段々と幼少の頃の出来事が次から次へと蘇ってくるのである。何とも不思議な気持ちとなったが、これが故郷なのかと、何度も何度も周囲を見回し、カメラを後部座席に置き、後ろ髪を引かれる思いで、山鹿方面へと向かって行ったのだ。

 無意識にステアリングの回り具合は、芝居小屋 八千代座へとコントロールされている。鞠智城跡でランチを裏切られたので、腹は鳴りっぱなし。よって、八千代座近くにあるグルメ倶楽部の、名物と言われるオムライスを食しながら打ち合わせを行い、八千代座の外観を数枚撮って帰途についたのである。

 熊本市を出発したのは午後からではあるが、僅か5時間で上のスケジュールをこなしたのだった。取材車で移動すると、思いのまま如何なるとこへもフットワークよく動ける訳で、今日ばかりは、特に、熊本県北が凄く狭く感じたのである。


▼山鹿市鹿本町の田園風景
800_2014


▼撮影中
S__5988358


▼芝居小屋 八千代座
800_2053


▼グルメ倶楽部名物のオムライス
800_2037


▼撮影中
S__5988359



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/25 03:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp