ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 天草黒牛

牛崎英司流、天草黒牛料理!!

▼牛崎英司シェフ

DSC_9079


 さて、「天草黒牛」をどう調理するか!?・・・以前、筆者が牛崎英司シェフに出していた宿題の最終チェック日である。

 出来上がったものは、噛みごたえのある、プリプリ、どっしりとしたハンバーグ(200グラム)。ナイフで切ると、さっと透明な肉汁が流れ出す。一口サイズに切ったハンバーグの一欠片を口に含み、噛んだ瞬間・・・「これは肉だ!」と激しく主張するハンバーグがサーブされた。

 ハンバーグにはいろんな種類があるが、どちらかと言えば、柔かなハンバーグより、嘗てヒルトン東京で「チョップドビーフ・サーロイン」と呼ばれていた、ゴツゴツした肉らしい固まりが大好きだ。

 今日の出来具合は、予想をはるかに超えるもので、ほぼ、完成に近い状態となっている。ゴロゴロした粗挽きにこだわり、オリーブ油、塩、胡椒は勿論のこと、練り方、焼き方・・・今までの失敗や苦労が、やっと実を結ばせてくれたようだ。・・・連れの人間も「これは、旨い!」と大拍手。一瞬の内に、200グラムのハンバーグをペロッと食し、更に、フランスパンに挟み込んだもの(ハンバーガー)をも平らげてしまった。

 これからも、積極的に新たな料理に挑戦する同シェフであるが、開発段階で、少しでも筆者のグルメのキャリアが役立てば有難いと・・・。


▼「天草黒牛」の粗挽き
DSC_6229


DSC_6268


DSC_6314


▼その他の料理
DSC_6178


DSC_6214


DSC_6238


DSC_6246


DSC_6265



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2015/3/12 04:04 am

アイスコーヒーと氷

1


 一昨日、熊本ホテルキャッスル11階にあるトゥール・ド・シャトーへ行った。そこで注文したのは、アイスコーヒーだ。通常、喫茶店で頼めば、年中飲めるアイスコーヒーでもあるが、製氷機で作られた軽くて溶けやすい、不味いキューブの氷がたくさん入っており、コーヒー自体が実に少ない場合がある。

 流石にサーブされた同ホテルのアイスコーヒーは、見るからに、美しく透明な、溶けにくい美味しそうな氷が入っていた。じっと眺めているだけで、コーヒーがじわじわと冷えて、旨そうだ。

 しっかりと喉が渇いていたが、このアイスコーヒーを一口飲むと、さっと渇きが収まり、ほっと一息つくことができた。眼前に広がる熊本城の夜景。ロマンティックな環境下で、ここ数日間をじっくりと思い起こしてみたのだった。

 先日玉名に足を運んで拝聴した、心地よい「カルマン熊本ライブ」の音楽と語り。・・・カルマンの馬頭琴とホーミーを担当するミュージシャン岡林立哉さんが、数日前に天草市で取材した放牧の写真を見て、「モンゴルで見掛けるような風景」と絶賛してくれたことなど・・・色んなことが思い出された。

 僅か数日間のことだが、何となく何年も経ったように思えて仕方がない。それだけ、同ホテルのレストランが如何に心地良いのかもさることながら、近頃の自らのアクティビティが以前と全く異なり、軽やかで明るく、躍動感が出てきたのではないかと、自画自賛してしまった次第。

 しかし、写真はいい。とても、いい。・・・皆に愛され喜ばれ、喝采を浴びるような映像を追い求めて行きたいと・・・。

2


▼カルマン熊本ライブ風景(玉名市・ちゃぶ台)・・・左から、小松崎健さん、岡林立哉さん、トシ バウロンさんの三人。
3



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2015/2/15 04:35 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp