ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 大鷺

翡翠(かわせみ)の撮影に四苦八苦!

500_2547


 猛暑・・・どこに居ても、体全体が熱く燃えるように痛い。よって、近場の避暑地として八景水谷公園へ足を運ぶことにした。

 いつもの湧水池へ行くと、常連のシルバーパワー炸裂。でっかい三脚に、バズーカレンズ搭載の一眼レフを構えて、一番良い所を陣取っていた。「翡翠撮るのに、ここは600mmは要らんですよ。400mmで十分!」と言い切るカメラマン。

 APS-C(DXフォーマット)のカメラに400mmの超望遠レンズを装着すると、600mm相当の望遠となる。なるほど、八景水谷の湧水池の奥行きを考えれば、600mm相当で十分なのだろうが、ずっと翡翠を待ち続けなければならない。

 筆者はウォーキングを好むカメラマンなので、常に手持ち撮影である。じっと長時間待つのは性に合わないので、ニコンのDXカメラであれば600mmレンズを装着し、900mm相当で撮影したくなる。とても横着な撮影の仕方かも知れないが、一箇所に何時間も待つような根性は無い訳だ。

 そうなると、白鷺などの大きな野鳥が魚を獲る瞬間の撮影が面白い。元々、シューティングゲーム大好き人間なので、バズーカのようなレンズも思いっきり振り回したくなるのだろうと・・・。

 歩いていると、白鷺が青鷺の様子を伺いながら、25m先に降り立った。青鷺から左手10mくらいのところだ。こちらからは結構な距離であるが、あまりにも暑いので、木陰からその様子を撮ることにした。

 ところが、何度か青い小さな鳥が左から右へ、右から左へと、結局、白鷺の右後方にある岩の近くにとまった。翡翠だ。石橋を渡り、少しでも近づこうとしたが、対岸に行くには距離があり、時間がかかる。よって、中の島の木々の間から狙うことにした。

 ファインダーで覗く翡翠は、実に小さい。手持ちであれば1/1000秒程度のシャッタースピードでなければブレが生じる。息を止めて撮影したが、小さすぎた。帽子をかぶり、迷彩服を着て、完全装備で翡翠を狙わねばならないのだろうか!?。翡翠は美しく可愛いが、やはり、筆者には無理な被写体のように思えてならなかった。


500_2628


500_2632


500_2636


500_2697


▼取材風景
D60_9405



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/12 12:43 am

心安らぐ、八景水谷公園。

500_9037


 いつ立ち寄っても、八景水谷公園は筆者にとって格別なところである。野鳥がさえずり、鯉が跳ね、遊歩道では犬の散歩やウォーキングを楽しむ人たちが多く訪れる。

 実は蓮の花が気になり足を運んだのであるが、まだ咲き始めであった。しかし、葉が密集しており、水面に映り込む美しい姿を撮影するには少々無理があるようだ。

 撮影途中に電話による打ち合わせが入り、撮影が中途半端に終わってしまったことが本日の反省点だが、アシスタントはトンボ2種を追いかけ、いつの間にか筆者の3倍ほど撮影していたようだ。

 撮影はメンタル面が重要なファクターなので、どうも最近スランプに陥っているのかと、自問自答したのであった。その原因はよく分かっているものの、近頃、理不尽極まりない事に二度直面したので、その凹みもあろうかと。

 人はなぜ平穏無事の内に、物事を進めないのだろうか!?実に不可思議である。軽々な言葉で突っ走り、約束を守らない人もいる。また、某行政サイドの人間の高圧的な言葉で、老夫婦の余生が脅かされるような、事件性の高い話も耳に入ってきたのだった。

 八景水谷公園の写真をBehanceにアップすると、外国の方が「あなたの写真を見ると、その公園が如何に美しいのかがわかる!」とコメントを残してくれたが、人はこのように自然に触れることで、日頃のドロドロしい自分自身を浄化できるのではなかろうかと。常に神頼みの都合の良い人もいるが、自然に勝るものはこの世にはない。


500_9110


500_9129


500_9132


500_9133


500_9138


500_9088


▼取材風景
D60_5039



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/18 03:22 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp