The Rosetta Stone Blog

タグ » 大江天主堂

これが仕事なんだ!!

ooe


 昨日、数十年ぶりだろうか、熊本県天草市の大江天主堂へ取材の為に足を運んだ。

 風光明媚な海岸線の美しさに、「ここは熊本じゃないぞ!」と道中何度も言ってしまった。勿論、熊本人である筆者だが、宝石のようなグラデーションの空と海を二分する、丸みを帯びた水平線を見るのは、本当に久し振りの事だった。

 海岸線から少々山手に入ったところに、真っ白な大江天主堂が見えてきた。その脇を通り、山手に登って行くと、そこに蕎麦の圃場が広がっている。今回は、この春蕎麦の収穫風景を写真に収めることが目的であった。

 既に、大きな蕎麦刈りのコンバインが鎮座していた。そこに家族やその他関係者6名が収穫の準備を行っている。又、テレビ局の取材も来ているようだ。・・・朝方心配していた天候も、さっと霧が晴れたように強い太陽光が蕎麦の圃場全体を照らしていた。

 親子で大切に育てた蕎麦の実を接写し、一粒一粒の蕎麦の実を見ていると、農家の方々の手の温もりが伝わってくるのだ。生き物である蕎麦は、気候により大きく影響を受ける。昨年が豊作と言えども、翌年は蕎麦の丈が極端に低くなって、折角の収穫が予想以上にどんと落ち込む時もあるらしい。

 それでも、この炎天下の中、笑顔を絶やさず、蕎麦の実の収穫に取り組む親子たち。撮影しながら、「これが仕事なんだ。これが親子なんだ。」と、家族の居ない筆者の心に、羨ましいほどの家族の絆を、至る所で発見するのであった。

 書類を作成したり、出来上がった書類に印鑑ついて、制作に入る・・・長年、それが仕事だと思い込んでいた筆者だったが、やはり、身体全体を動かして、汗水垂らして作業をする・・・躍動的な共同作業こそが人間らしい仕事なんだろうと、従来の楽な仕事への嫌悪感を持ち始めた筆者であった。

 ゼロから何かを創り出す。・・・大自然との語り合い、ある時は、怒り狂った自然と闘いながら生活を維持して行かねばならないという・・・僅かな時間だったが、厳しい環境下で頑張っている方々と接する事により、今の自分の在り方を考えさせられたのだった。


ooe1


ooe2


ooe3


ooe4


ooe5


sea



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                                     

  • posted by Chikao Nishida at 2014/6/8 01:16 pm

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp