ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 古代蓮

2018年「想い出の写真集」(11月)

MCK_9090


 2018年11月の主役は、何と言っても、「四季の味 やまもとや」(熊本県上益城郡益城町)と高栁時計宝飾店(熊本市)2社。2016年4月に熊本を襲った地震からの、復興リボーン&グランドオープンであった。

 中でも、震災のために、一度は再起を諦めたこともあったが、家族の強い絆と地域の方々の声援にて、2年7ヶ月ぶりの11月9日に老舗食事処が「四季の味 やまもとや」と改称して、復興グランドオープンしたのである。その瞬間、現場に居ることがとても嬉しくもあり、幸せであった。

 季節柄、コスモス、紅葉、野鳥と・・・野外撮影には最適のシーズンであり、被写体不足となることは全くない。よって、毎年の如く、日々野鳥や花々を追いながら、上述の食事処「四季の味 やまもとや」のサポートのために、東奔西走した数ヶ月間は、過去において比類なく充実したものとなった。

 今回、痛切に感じたことは、仕事もプライベートも全て「お人柄」によって決まるということだ。周囲を見回すと、さっさと音信不通となり不払いのまま逃げる人たちがいたり、折角の取材のタイミングを逸したところなど。これまでの経緯をつぶさに考察すると、最終的には「お人柄」を見て接点を持つことが、如何に重要であるかと再認識した次第。

 また、8月7日に発覚した某県某市による著作権侵害事件は、収束するベクトルに非ず。すこぶる充実した日々であるはずなのに、常に不快感だけが募って行き、行政への、そして、違法ダウンロードした担当者個人への不信感と憤りが増して行った時期でもあった。

 よって、このままでは解決するものも解決しないと判断し、最後の切り札として、某県某市に対して社会的制裁を加えることを決断した次第。裁判沙汰にするのも吝かではないが、無駄な時間、無駄な経費ばかりとなる訳で、しっかりと社会正義を貫くために、隠し球的な秘策を講じることにした。

▼鹿央物産館のスタッフの笑顔

11-1-2


▼鹿央物産館の出前用弁当(税込500円/出前は山鹿市内中心部のみ)
11-1


▼鴨のアーティスティック・スウィミング
11-2


▼コスモス(山鹿市鹿央町)
11-3-2


11-3


▼浮島(嘉島町)のカイツブリ
11-6


▼八景水谷公園(熊本市)のカワセミ
11-8


▼11月9日復興リボーン前日の厨房(四季の味 やまもとや)
11-9-2


▼11月9日にグランドオープンを果たした高栁時計宝飾店(熊本市下通アーケード2番街)
11-9


▼桜の馬場 城彩苑
11-14-2


▼夢あかりの熊本ラーメン(桜の馬場 城彩苑)
11-14


▼11月9日に復興リボーンした「四季の味 やまもとや」(益城町)
11-18-3


▼11月9日に復興リボーンした「四季の味 やまもとや」の料理群(益城町)
11-18-4


▼「四季の味 やまもとや」の南側から撮影(人物は同店統括・店長の山本剛大さん)
11-15


▼旧細川刑部邸の紅葉(熊本市)
11-20


▼レジが始動した「四季の味 やまもとや」
11-21-4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

◎「えのきぞの」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink
◎「四季の味 やまもとや」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink
◎高栁時計宝飾店公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/sophy/Link
◎「鹿央物産館」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=kaoLink


                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/26 12:00 am

2018年「想い出の写真集」(9月)

IMG_5680


 2018年9月に突入した。この月も、怒涛のようなひと月となり、同月19日に移転オープンを目指す「えのきぞの」(熊本市中央区新屋敷)の準備に集中した。

 併行して、11月19日に熊本地震復興リボーンを目指す、「四季の味 やまもとや」(益城町)のロゴ制作がスタートし、チラシ、メニュー、その他文書のチェックなど、1日が24時間では足らぬ日が何日も続いた。更に、「鹿央物産館」(山鹿市鹿央町)のSNS戦略のサポートも入った。

 しかし、このようにお目出度い仕事の依頼に反し、とても残念なことが起きた。それは、三十数年前に出逢った旧デーブスレストランの後身である「泥武士」の破産宣告である。最盛期は東京に出店し、話題のオーガニック料理レストランとして脚光を浴びたが、突然の廃業に胸が痛くなった。

 世の中の光と陰。見たくないものを見てしまうと、どうしてもネガティブな気持ちになりがちだ。ただ、上記の「えのきぞの」の移転オープン、「四季の味 やまもとや」のリボーン、更には「一生、現役。」の鹿央物産館のお世話をすることで、有難いことに、ネガティブなものは全て払拭されて行った。

▼青森のねぶたが熊本城二の丸公園に!

9-1


▼9月19日に移転オープンした「えのきぞの」(榎園豊成料理長と新ロゴ)
9-3


▼鹿央物産館のカツ丼(税込700円)
9-5


▼筆者の作品「熊本城」が「えのきぞの」へ
9-19


▼彼岸花(山鹿市一つ目神社付近)
9-22


▼「えのきぞの」のランチメニュー
enokizono-menu


▼浮島の右足首骨折していた真鴨(今はその姿がない)
9-24


▼「四季の味 やまもとや」の外観が・・・
9-25


▼浮島の湧水池(熊本県嘉島町)
9-26


▼熊本地震復興リボーンを目指す「四季の味 やまもとや」の山本剛大さんと新ロゴ
9-28


▼「えのきぞの」の前庭が見える客室
9-30-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

◎「えのきぞの」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink
◎「四季の味 やまもとや」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink
◎「鹿央物産館」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=kaoLink


                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/24 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp