ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » レアな観光地

山鹿散策・・・

500_8970


 紅葉を求めて、山鹿市方面へ足を向けた。期待に反して、紅葉しているのは極一部。それでも、せっかく来たのだから、赤く染まった草木にレンズを向けた。

 時折、強風で杉の木が激しく揺れ、隣の杉の木に当たり、双方の枝葉がバリバリと落ちてくる。イノシシ除けの柵があるようで、細い道の暗がりからイノシシが出て来そうだったが、暫し、撮影に集中していった。

 ここは、昨年、或る人からの情報で知り得た紅葉の隠れ名所「一の谷」ではあるが、どうも個人が趣味で道路際に庭を造ったらしい。今年は昨年と比べ、手入れが行き届いていないので、もしかすると体調でも壊されているのかと心配してしまった。

 次回は、久しぶりに豊前街道にある「腹切り坂」へに足を運んでみようかと・・・。勿論、イノシシには要注意となるが・・・。


500_8984


500_8989


500_9014


500_9140



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/11/11 10:01 pm

京都から、ぶらり客。

▼不動岩から熊本市方面を望む(不動岩:熊本県山鹿市)
DFD_4203


 本日、数年ぶりに京都から、ぶらり客。正午に熊本ホテルキャッスルで落ち合い、山鹿市方面の観光地を案内することにした。彼の注文は、「レアな観光地」である。熊本市をスタートしたのが午後2時頃。あまり時間に余裕がないので、頭を中をぐるぐると回して、決定したコースは以下の通り。

 熊本ホテルキャッスル→有働サイクル→菊池川沿い→鍋田横穴群→山鹿市立博物館→オブサン古墳→チブサン古墳→芝居小屋 八千代座→不動岩→熊本ホテルキャッスル。三連休最後の日なので、車が多いことを懸念したが、案の定、帰途はダラダラ運転が続いたのだった。

 有働サイクルでは、60年昔の自転車を拝見、緩やかに流れる菊池川を撮影し、チブサン古墳では埴輪の欠片探しを行った。芝居小屋 八千代座は公演が予定されており、残念ながら、芝居小屋内部の取材はできなかった。観光バスが通らない、県外からの観光客もなかなか足を運ばないレアな不動岩・・・想定外に、福岡県や佐賀県などから多くのファミリーやカップルが駐車場を陣取っていた。

 「レアな観光地」・・・観光ガイドブックであまり人気のないところも、案内してみれば、結構面白いものである。

 午後5時半頃に熊本ホテルキャッスルに戻り、同ホテル1階にあるダイニングキッチン九曜杏にて、特別料理を楽しみ、その後、写真の整理やSNSへの画像をアップ、更に、戦略的なパソコンのアプリの実践的活用法を伝授し、本日の予定は終了した。


▼90年の歴史を誇る有働サイクル
DFD_4138


DFD_4136


▼チブサン古墳WEBサイト表紙: http://www.dandl.co.jp/gold/chibusan/Link
CHIBUSAN


▼芝居小屋 八千代座
DFD_4163


▼不動岩
FUDOUIWA



▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏の特別ディナー

1)炙りサーモンのサラダ仕立て
2)オマール海老と帆立貝のムース
  真ツブ貝のサフランソース
3)じゃが芋のポタージュ
  フォアグラのソテー トリュフ風味
4)スズキのショッソン
  ソース バンブラン
5)牛ヒレのグリルと馬ヒレのペルシャード
  牛:ソース ペリグー、馬:五和町産いくりの生姜ソース
6)ガトー オペラ

D60_5332


D60_5340


D60_5352


D60_5358


D60_5382


D60_5391



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/11/6 12:43 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp