ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ミサゴ

犬鷲夫婦のランチタイム・・・

▼メスの犬鷲らしきもの

kikuchigawa-2021-12-005


 今回の取材先は、菊池川沿い(熊本県山鹿市/山鹿大橋より数百メートル上流域)。以前、「午後4時半のミサゴ」とあだ名を付けたミサゴが飛来していたところである。

 到着したのは、午後4時前。土手を走行中に、先ず目に留まったのは、真っ白な大鷺。約100メートル先のところで、魚獲りをしていた。川沿いの駐車場に到着するや否や、大きな翼を持った茶色の大物が上空を旋回していた。

 「午後4時半のミサゴ」が目的だが、犬鷲のようだ。英語ではゴールンデンイーグルと格好いいが、正直なところ、肉眼でその顔を確認したことは皆無。飛び回っていた犬鷲は、上空から川の対岸の大木へ向かった。

 超望遠レンズにて撮影するチャンス。しかし、三脚に超望遠レンズを装着したカメラでなければ、手持ち撮影では、ファインダーから犬鷲の姿が見えたり消えたりして、段々と首や肩、腕が痺れれくる。

 それでも、無音シャッターにて連写で対応。初めて、大木の上で捕らえた魚を食している犬鷲の姿を撮影することができた。右側がオスで、魚を突いているのがメスのようだが、思いの外、猛禽類にしてはなかなかの美人のようだ。

 菊池市の竜門ダムで遭遇した犬鷲は、高いところから、こちらのレンズ目掛けて攻撃的な動きをしたが、今回の犬鷲はランチタイムのようで、穏やかである。それから、また別の犬鷲も飛来したが、すぐに立ち去って行った。

 それから30分後に、「午後4時半のミサゴ」らしきミサゴが一羽目の前を川下から川上へと飛んで行った。それから数分が経過し、今度は川上から川下へ二羽のミサゴが、水面スレスレの低空飛行にて去って行き、撮影の好機を逸した。

 以前よりも、大型の野鳥が多く飛来しているようで、犬鷲やミサゴが飛び交うと、鴨軍団がピーピーと警戒の声を放っている。大鷺は威風堂々とマイペースにて、水面に何度も顔を突っ込み、魚を追っている。

 今日の菊池川は水量は多かったが、水流は大河の如くゆったりとしており、水もすこぶる澄んでいる。野鳥にとっては、このような良い水質の川では、旨い魚を獲り放題であろうかと。しかし、あのメスの犬鷲はまだ魚を突いている。

 食べている魚の種類は特定できないが、多分、ニゴイではないか。美しい川に棲息するニゴイを背越しで食べている訳で、なかなか贅沢なるランチタイムを、この犬鷲夫婦は楽しでいるようであった。


▼オスの犬鷲らしきもの
kikuchigawa-2021-12-006


▼中央の小さな白い点が大鷺(菊池川)
kikuchigawa-2021-12-000


▼大鷺
kikuchigawa-2021-12-001


▼大鷺
kikuchigawa-2021-12-002


▼大鷺
kikuchigawa-2021-12-003


▼菊池川対岸の土手を散歩する人と阿蘇中岳の噴煙(右側)
kikuchigawa-2021-12-004



※撮影機材:Nikon COOLPIX P1000
----------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/12/11 12:00 am

八景水谷公園の古代蓮・・・

hakenomiya-lotus-01


 八景水谷公園の湧水池に古代蓮の花が咲く様になって、何年経つのだろうか。6月10日(木)、同地へ足を運んだら、花芽は元気そうで、ニョキニョキと上に伸びてきている。望遠300mmでも装着すれば、十分に古代蓮の立派な花々を撮影できるに違いない。

 本日は200mmだったので、手前の花のみの撮影となったが、中央部に咲くでっかい花を捉えられず、残念であった。古代蓮の花は、午前中早めに撮影すれば、大輪が開き、更に美しい被写体として撮影できるのだが、朝が苦手な筆者には罰ゲームとなる。

 また、翌日の11日(金)に、熊本県北部の山鹿市鹿央町の物産館横にある古代蓮の様子を見に行った。ここは例年遅めの開花なので、古代蓮の花の姿は見られなかった。今年は手入れがあまり出来ていないとの噂もあるので、どの程度開花するのかは定かではない。

 八景水谷公園の良さは、無料駐車場が広く、湧水池があるので、古代蓮以外に、大鷺やカワセミなどの野鳥の撮影が可能である点である。水の科学館もあり、子連れの憩いの場となっているので、同園をオススメする次第。ただ、日陰が少ないので、日傘を携帯されたし!


hakenomiya-lotus-02


hakenomiya-lotus-03


hakenomiya-lotus-04


hakenomiya-lotus-05


hakenomiya-lotus-06


hakenomiya-lotus-07



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp