ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ホテリエ

「苺フェア」の音がする・・・

800_3576


 ランチを終えて、何となく急に甘いものが欲しくなることがある。

 写真を整理していると、最近食したスイーツの写真が数枚出てきた。中でも、艶々した真っ赤な苺を見ていると、既に春が直ぐ其処に来ているのかと、時の経つ早さに驚いてしまう。

 そう言えば、熊本ホテルキャッスルのダイニングキッチン九曜杏の「苺フェア」もそろそろかと、同ホテル公式サイトを覗き込むと、女性に人気の「苺フェア」の情報が掲載されていた。

▼ダイニングキッチン九曜杏の「苺フェア」情報
 https://www.hotel-castle.co.jp/restaurant_bar/12651/Link

 毎年開催される「苺フェア」。今年からは少々ギアチェンジして、新しい「苺フェア」のように感じる。勿論、9割以上の来客は女性ばかりで、ホテル中が苺の香りに包まれてしまう。

 以前、二百人を超える女性たちが、同レストラン入り口から、手前のロビーまで並んでいた事もあった。流石に、「スイーツは別腹」と豪語する女性たちの勢い。生命力の強さを感じる瞬間でもある。

 

800_3518


800_3558


800_3522



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

◎熊本ホテルキャッスル グルメ情報(過去記事集)
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=castle&view=listLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2020/2/10 01:50 am

ラ ファッブリカ デッラ パスタ・・・

IMG_0951


 本日も、ダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)へ、パスタ麺を三種持ち込んだ。今回は、「ラ ファッブリカ デッラ パスタ」である。筆者一押しのパスタ麺でもある。

 午後3時を過ぎており、厨房のシェフたちは休憩時間に入っている時、大変申し訳ないけれども、二種の料理を作ってもらうことにした。

 工藤料理長スペシャルとして出されたのは、一つは、クリームパスタ。そのパスタの形状がインパクトあり、その長さに目が行った。二つ目は、緑一色のサラダの後に出されたパスタ(ジェノベーゼ)料理。胡桃を潰した粉末(昨日注文したもの)を塗してあるのが嬉しかった。

 「ラ ファッブリカ デッラ パスタ」の特徴は、先ず、噛みごたえと風味がすこぶる良い事だ。うどん、ソーメン、蕎麦というように、「啜る文化」が浸透している日本では、パスタ麺もまたフニャフニャで、あまり噛まずに呑んでしまうのだろうと。

 そこで、一般的に流通している国産パスタ麺と比べ、「ラ ファッブリカ デッラ パスタ」を試食すれば、パスタの概念が完全に変わってしまうと言っても過言ではない。正直、クセになり、これまでのパスタと言われた麺に興味がなくなってしまう。

 パスタは本当に奥が深い。本場イタリアのパスタは、凄すぎる。されど、旨すぎて、少々過食気味になるのを抑えておかないと、「ブー」になる。


IMG_0956


IMG_0957



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

◎熊本ホテルキャッスル グルメ情報(過去記事集)
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=castle&view=listLink

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/2/9 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp