ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » フォトグラフ

絞りとボケ・・・

boke1


 三脚を低く設定し、一眼レフカメラを取り付けた。その40cm先に、適当に置物のミニチュア柱時計やキャラクターを並べ、マクロレンズで撮影することにした。奥の時計文字盤から手前中央のキャラクター顔の距離は、僅か5cm。ちなみに、写真上は、手前キャラクタの顔にフォーカスをあてているので、奥の時計はボケている。逆に、写真下は、奥の時計文字盤にフォーカスをあてているので、手前のキャラクタたちがボケているのである。

 よく、カメラ初心者の方が、「手前をくっきり、背景をボカしたカッコイイ写真を撮りたい!」とよく言うのだが、それは実に簡単なこと。一眼レフカメラであれば、明るいレンズを用いて、例えばf1.4のレンズで開放で手前にフォーカスと当てると、バリバリに背景はボケてしまう。しかし、f1.4のレンズで、絞り開放が画質が良い訳ではないので、シャッタースピードに支障なければ、1段、2段ほどf値を上げた方が、画質は良くなる訳だ。

 このように、三脚に取り付けてスローシャッターで撮る場合、注意しなければならないのは、シャッターを押す時のブレである。よって、タイマーなどを使い、シャッターを切るようにすると、そのブレを解消することができるので、タイマー時間を2秒程度に縮めて使えば良いことになる。また、周辺が暗い場合は、ISOを上げる。ぐっと上げても、最新のデジカメは画質が極端に劣化することはないので、ISO3200、ISO6400でも結構撮影が可能となっている。・・・昔のカメラでは考えられないことではあるが。

 何はともあれ、手前や背後のボケや玉ボケを楽しみたいのであれば、f値を小さくして、被写界深度を体感しながら撮影に挑んでもらいたい。ちなみに、「BOKE=ボケ」は、アジア圏など世界に通じる点が、面白い。

boke2



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/18 05:31 am

接写の面白さ・・・

800_0230


 NIKKOR 60mm Microレンズを持ち出すのは、久し振りだった。元々、草花や料理写真を撮写するために購入したレンズで、以前は、随分活躍してくれた。しかし、そのカチッとさに少々飽きが来ていたので、最近は、ワイドなレンズを用いて、至近距離で撮影できるレンズを使っていたが・・・たまにはカチッと撮りたいと思い、今回持ち出したのだった。

 マクロレンズは、突っ込んだ撮影が出来るのが、実に心地よい。通常、最短焦点距離に阻まれて、小さな器の料理など、画面一杯に撮れないので、イライラすることもある。そんなところで、マクロレンズはイライラをさらっと解消してくれるのだ。

 しかし、如何に近づいて撮ることが可能と言っても、60mmでは昆虫などを撮ろうとすると、さっと逃げられてしまい、女性を撮れば、産毛や小皺までクッキリと写るため、もし、使ってしまうと、後から恨まれる可能性も多々ある・・・。

 今回は、熊本ホテルキャッスルのレストランカウンター席のテーブルフラワーの深紅の薔薇を被写体とした。小ぶりな薔薇の花一輪。そのままでは面白みに欠けるので、スプーンで水を垂らし、その水玉にフォーカスを当てて撮影したのだった。

 先般、ダウンライトがLEDに変えられたとのことで、以前の色温度とは少々異なる。しかし、均等に大理石でできたテーブルの玻璃面を照らしているので、逆に撮影環境は良くなった。

 望遠ズームで撮れば、色乗りが良いらしいが、やはり、一輪の花や一品料理を撮るには、マクロレンズは欠かせない。更に、いつも手持ち撮影なので、いろんな角度を試すこともでき、思いのまま被写体を切り撮ることが可能なので、ワクワクしてしまう。

 分厚い鶏肉の下に敷き詰められたものを撮る時も、海に聳り立つ断崖絶壁の壁面の洞窟の中を探るようで、大変面白い。欲を言えば、その暗がりの中のうっすらとした光まで拾えれば文句はないが、このレベルのレンズでは、そこまで注文つけるのは酷な話。・・・そんな時に、Carl Zeissのレンズが頭に浮かぶのである。(苦笑)
 
800_0240


800_0243



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link


                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/17 03:05 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp