ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ヒドリガモ

八景水谷湧水池の野鳥たち・・・

850_0462


 天候に恵まれた、新年。早々と1月4日に八景水谷公園(はけのみやこうえん)の湧水池を訪れた。日陰は寒いが、日向はポカポカ。。仕事始めで公道の車は多かったものの、同園の駐車場は7割程度で、大した人手ではなかった。

 人が少ないと、野鳥たちは結構近めで写せる。シャッターチャンスを期待しながら、湧水池の奥へと進む。しかし、カルガモの鳴き声は聞こえるものの、足を踏み入れることができない所で、バシャバシャと水浴びしている。

 右側からそっと覗くと、左奥へと泳いで消える。また、左側から覗くと、右奥へと消えて行く。結局、バシャバシャダンスを撮るのを諦め、目の前に飛んできたカワセミ、食パンの欠けらを口にしたセキレイ、羽繕いしているヒドリガモと中鷺を撮影して帰途につくことにした。

 今回は納得できるショットはなかったが、湧水池を歩き回り、野鳥の表情を眺めているだけで、癒される。


850_0514


850_0555


850_0660


850_0754


500_5541



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/1/10 12:00 am

負けず嫌いのカイツブリ・・・

▼浮島のカイツブリ
850_0993


 「ピリュルルルルルルルルル・・・♪」と独特な鳴き声のカイツブリ。体はちっこいが、その声は池全体に放射状に鳴り響く。すこぶる気が強く、自分よりでかい鳥などが来ても、危険と感じれば、攻撃に転ずるほどである。

 ここは熊本県嘉島町にある浮島湧水池。バン、オオバン 、ヒドリガモ、マガモ、ヨシガモ、カワウ、シラサギ、アオサギなど、多くの鳥たちとの共存の場であり、互いにテリトリーはあるものの、カイツブリが激昂するところを見たことはない。

 オオバン やバンが潜って水草をハムハムしていると、横からヒドリガモたちが横取りに来る。この諍いのパターンはしばしば見られ、バンたちがいないと、鴨も潜って水草を食いちぎる。何となくコソ泥のようなヒドリガモなので、筆者的には好きになれない。

 今日のカイツブリはとてもアクティブだった。更に、普段は間近で見ることができないのだが、釣り人が一人も居ないので、結構手前まで来たのだろうと。それでも直ぐに潜り、ペンギンのように水中を泳ぐので、あっという間に、十数メートル先に浮上する。追いかけるにはちょいと大変な被写体でもある。

 カイツブリの動きを見ているだけで楽しいものだが、目つきや風貌を見ると、ちょっとチビマフィア的で滑稽な鳥に見えて仕方がない。


850_1005


850_1009


850_1012


▼浮島のカワウ
850_1270



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2019/1/8 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp