ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » パワハラ

豪傑役員の想い出・・・

josui-3


 筆者が青二才の頃を思い起こせば、新聞社平社員時代の話になる。当時、組織において出世したいと言う気持ちがないと言っては嘘になるが、毎晩、夜中まで自主残業にて、10年分ほどの関係資料や新聞記事、その他企画書を読破した事があった。

 自主残業の理由は、目の上の課長や部長たちを、実力をもって粉砕したいと言う気持ちの表れであった。勿論、下克上を狙っているのではなく、組織において実力がなければ、キャリアのある先輩たちに仕事で負けてしまうのが、腹立たしいからである。

 28歳にして、自分の名刺に初めて「係長」と言う職位が付いた。或る役員の配慮だろうと思うけれども、正直、嬉しかった。しかし、それでも満足できず、先輩よりも同期よりも、気持ちは10年先を見据えて、日々意表を突くような企画を作りまくった。

 呑みに誘われ、午前0時頃に呑み屋を出て、タコ焼きやらお好み焼きやらを手土産に、新聞社(当時は鶴屋百貨店の向かいにあった)の通用門に立ち、当直の守衛さんに手を振り、手土産を渡し、自分のオフィスに入れてもらった。それから2時間ほど資料を読み、タクシーで自宅に帰った。

 今思えば、若き頃の筆者は、平凡なるサラリーマンではあるが、日々、仮想敵国と闘っていたのだろうと。勿論、当時もパワハラやセクハラは、大なり小なり存在していたに違いない。目立ち過ぎると、必ず叩かれる。企画書を人の5倍ほどのスピードで書き上げると、嫌がられる。

 実は、皆が鉛筆や万年筆の時代に、既に自己所有のパソコン(Macintosh)を持ち込み、キーボードを乱打して、1週間に10本ほどの企画書を作り出した。隣の部長席で部長印を貰う必要があるが、その部長は筆者の企画書をデスクの境界線に積むばかりで、無視して押印しない。

 堪忍袋の尾が切れて、トップ10で鬼のような役員のところへ足を運び、一部始終を話すことにした。その役員はすこぶる理解のある方で、「よし、分かった。今日から部長たちの印鑑は取らんでもいい。直接持って来い!」の一言で決まった。そして部長に内線電話を掛けて、大声で叱責してくれた。

 何とも有難いことだろうと、早速、自分のデスクに戻り、部長のデスクと筆者のデスクの境界線に積んである企画書を全部持ち上げ、そのまま役員室へ持ち込んだ。「こんなに滞っているのか!?あいつは根性悪いな。君と水と油なんだろうが、構わんでいいから気にせずやってくれ!」と。

 それから、役員は定期的に夜の街に誘ってくれるようになった。或る日、「おい、ちょっと私の部屋に来てくれないか!?」と。慌てて足を運び入れると、「来週の水曜日、休めるか?」と役員がニヤニヤしている。「実は、ゴルフに行きたいんだが、君と、あ、あと一人、君の後輩に連絡して、来週の水曜日に休んで、付き合ってくれ!」と。

 その水曜日がやってきた。阿蘇東急ゴルフクラブへ行き、1ラウンド終了。日の沈む頃に帰宅して一息ついていたところ、役員から自宅に電話があった。「あの、申し訳ないが、この前の店に行きたいんだよ。ちょっと気に入ったイギリス人の女性がいるから、通訳してくれ!」との誘い。シャワーを浴びて、街中へ繰り出す始末。

 「釣りバカ日誌」のようだが、役員へ忖度することもなく、懐柔策にて相手を取り込むような姑息なことなど一切なかった。よって、筆者が起業する時に、何度も「考え直してくれんか!」と心配してくれた。辞職理由は、筆者の部下を虐めていた部長との諍いである。辞める必要など全くなかったが、若気の至りにてケジメを付けてしまった。

 折角入社した新聞社であるので、勿体なかったけれども、それもまた人生だろうと。しかし、上述のような豪傑役員は、最近の会社では全く見掛けなくなった。カミソリのように仕事には厳しく筋を通すが、「奥ゆかしさ」があった。胸筋開き、隙を堂々と部下に見せて、対等にお付き合いをしてくれるのである。

 因みに、周囲の人たちは、その役員を恐れ、できるだけ接点を持たぬように動きていたようだが、今思い出せば、プッと吹き出すような光景が浮かび上がる。実は、その豪傑役員とのエピソードはマンガ本にしたいほど、記憶の箱に山ほどオモシロネタが詰まっている。


▼写真はイメージ
castle-coffee



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/11/3 12:00 am

難攻不落と見えた、一つの山を崩す。

josui-3


 長かった。実に、長かった。この5ヶ月間、某社悪徳経営者(自らを「悪代官」と称する)による「虚言」、「裏切り行為」と「濡れ衣」に苛まれながら、日々不整脈が出るほどであったが、ようやく、終止符を打つ事ができた。しかしながら、その輩の「虚言」により、この1年以上を棒に振ってしまった。

 「濡れ衣」が5ヶ月間、「虚偽情報」として不特定多数の人たちへ伝わって行ったのである。その噂(名誉毀損)は、更に大きく膨らみ、歪み、変異して伝わって行く。この負の連鎖は、こちらからはリモートで容易に止められはしない。

 しかし、考えに考えた。「虚言」の発信源は分かっているが、その周囲に妙なバリアが張ってあるに違いない。どこか突破口はないかと、考えてみた。そこで、閃いたのが、某社コンプライアンス委員会にいる「常識人」へのコンタクトである。

 早速、レターパック便にて、「常識人」と思われる人物へ、証拠となる書簡を送ってみた。ところが、嫌な予感通り、そのバリアを張り巡らしているところには、「常識人」など存在せず、何と、書簡が「受取拒否」をされて、戻ってきたのである。

 なるほど、「受取拒否」とは非礼千万だが、「蛮行」を繰り返す人たちには都合が悪いばかりで、その書簡が「パンドラの箱」に見えてしまったのだろうと。開封すれば己の立場が悪くなるばかりで、隠蔽のために咄嗟に拒絶を選択したに違いない。

 某社コンプライアンス委員会とは名ばかりで、結局、内部における「情報操作」、「証拠隠滅」、「隠蔽工作」が水面下で行われている。更に、同委員たちの一部は、稚拙にも、コンプライアンスと言う概念さえ理解していない。

 ここで、逃げ切りを図る「悪代官」の背中が見え隠れする。絶対に尻尾は離さない。そこで、その会社の株主、社外取締役を含めた中で、バックドアの先に、鍵となる企業が数社浮上したのだった。

 今までは正面からの対峙となっていたが、「悪代官御一行様」の背後には、親会社や関連会社直通のバックドアが存在しているではないか。すかさず、バックドアの先に存在する企業より2社を選び、真相究明のために、物証を送り付けたのである。

 中には、リスクマネジメントを専業とする部署があった。勿論、その後の動きは掴めないが、それら2社の電話応対は切れ味良く、逐一、「真相」に耳を傾けてくれた。そこで、バックドアからの迅速なフィードバックを期待、確信した次第。

 これまで5ヶ月間の対峙と遮断は、今も尚、誰の指令で行われたのか定かではない(察しは付いている)が、非常識極まりない数人による密談の中で下された「愚策」なのだろうと。稚拙な「愚策」くらいで、汚名を着せられ、封じ込まれてはたまらない。そして、また、考えに考えた。

 頭に浮かんだのは、何事にも筋を通すキーマンの存在である。即座に、そのキーマンへ書簡を送ることにした。万が一、再び上記のような「受取拒否」があるならば、内部の「愚策」、「蛮行」が浮き彫りとなり、新たな証拠として、こちらとしては好都合となる。

 驚いたことに、そのキーマンが、5ヶ月前の書簡の存在を知ったのは数日前だったと言う。よって、「悪代官」を中心とした数人による隠蔽工作が、延々と続いていたことが露呈したのである。後日、キーマンとの話し合いは終始和やかに進められ、某社「完全浄化」への共通項を見出すに至った。

 今回、「悪代官」を執拗に追及した目的は何か!?それは、「悪代官」による(1)機密情報漏洩、(2)パワハラ、(3)セクハラ・盗撮、(4)個人情報漏洩、(5)偽計業務妨害・名誉毀損などの真相究明と被害者救済にあった。

 数週間経って、風の噂で問題の「悪代官」は無力化されたと聞き及んでいるが、確証はない。もし、某社体裁維持だけの社内処理で済ませるのならば、実に生温い。何故なら、上の5つの失態を完全に断罪した事にはならないのである。よって、今後も常識派サイレント・マジョリティによる監視態勢にて、追及の手を緩めてはならない。

 今言えることは、確かに、「悪代官」らの隠蔽工作により迷宮入り掛けたものの、同時多発的パトリオット反撃により、難攻不落と見えた大きな一つの山を崩す事に成功したのである。よって、(1)〜(4)の被害者を、ようやく救うことができた訳だ。されど、「濡れ衣」の払拭が完全に為されるには、まだまだ時間を要することになる。

 最後に、この5ヶ月間の苦しみの結末が、TBSテレビドラマ「半沢直樹」の最終回と時を同じくしていたのが皮肉でもあり、今に至っては苦笑するばかりとなる。ただ、全国津々浦々に、このような企業内コンプライアンス違反が無数に存在すると推察するが、「完全浄化」までの道のりは、想定外に苦難の道であるに違いない。

 「パワハラ」や「セクハラ」、「濡れ衣」の被害者の方々に申し上げておきたいことは、決して「泣き寝入り」するものではない。「正義」、「正論」が輩の蛮行に潰されることはないのだから、勇気をもって「社内浄化」のために突進して頂きたい!!!


ariake



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                           


  • posted by Chikao Nishida at 2020/10/7 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp