ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » セクハラ

実録「常軌を逸した経営者の蛮行」

▼記事と写真は関係ありません

monkey-001


 常軌を逸した経営者の蛮行を目の当たりにして、企業存亡の危機を感じたことがあった。ここ一、二年の出来事であるが、事案としては非常に複雑多岐に亘り、企業内における情報共有は、都合が悪いところは隠蔽し、都合の良いところだけをオープンスタンスで、自らは偽善者を装い、ターゲットとした被害者(餌食)に対しては人格否定。自称悪代官は、被害者たちの苦悩、苦痛を見下ろしては、日々楽しんでいた。

 パワハラとして浮上した危険な事案は、被害者となった数人の中間管理職に対する蔑視と個人攻撃メール、個別面談による恫喝。更には、グループメールによる晒し行為(名誉毀損)である。また、物陰に隠れ覗き込み、盗撮を繰り返すというストーカー行為も発覚しており、盗撮した写真をグループメールに添付し、被害者を会社全体の晒し者として徹底攻撃、吊し上げる蛮行を武器として暴走していた。

 上記は氷山の一角であり、余罪は山ほどあるけれども、それが何故社会問題にならぬかと言えば、実に巧妙なるカラクリが存在している。その悪代官が、水面下でナチス的役員軍事同盟を確立しており、リスクマネジメント委員長並びに賞罰委員会議長でもあり、目安箱(無記名相談箱)の鍵を唯一保有している。よって、稚拙な役員軍事同盟に嫌疑が掛かったとしても、易々と逃走できるという保身カラクリが仕込まれている。

 更に、悪代官の姑息な手法としては、各セクションに密偵を忍ばせ、オフィシャルメールとは別ルートのチャンネルを作り、蜜月な関係を強調して、密偵の個人メールアドレス(LineなどSNSも使用)へ個人情報を垂れ流し、ターゲットとする被害者情報を得ていたのも事実。現在は、悪代官の蛮行の全ての証拠が社内外で暴露され、マインドコントロールされていた密偵は孤立し、突然辞職した者もいる。(全てコロナの影響として事件を風化させようとしているが・・・)

 サスペンス劇場のような悪業三昧が繰り広げられる原因は何なのか!?それは、経営陣に人格欠損の人物を多く起用していることが大きな要因でもあり、職位濫用をこよなく愛する稚拙な思考回路の持ち主が、企業モラル壊滅へと導いてしまった。この悪代官に何度も詰問したが、案の定、良心の呵責なしの回答が多かった。以下の通り僅か7項目だが、すこぶる攻撃的(弱い者虐め大好き)で、パワハラ、セクハラ、名誉毀損などの犯罪を繰り返す変質者であることが読み取れる。

▼悪代官のメッセージから抜粋

1)○○ボンクラの中間管理職は、そのセクションを縮小して、責任者は辞めてもらう。
2)○○という外部女性によるクレームは、担当役員ら二人に対する粛清の好材料だ。
3)あの女性スタッフは私のお気に入りだが、最終的に19、20歳の小娘に騙された。
4)低民度の○○の犬たちが多く存在しているので、徹底的に無力化して潰す。
5)○○の犬たちのセクションを縮小し、他の二つのセクションを引き上げて表に出す。
6)ザ・◯○県は、暴君ばかりが鎮座し、老害ばかりが目立ち、やってられない。
7)女性スタッフは薄給だが、あんな私服を買えるはずがない。私服チェックを敢行する。

<犯罪の境界線>

 現在、国内で騒がれているハラスメントとして、パワハラやセクハラが圧倒的に多い。特にパワハラは言葉の暴力に留まらず、殴ったり蹴ったり刺したりと、被害者が死に至るような凶暴な事件も多発している。しかし、致死傷を除けば、パワハラ犯罪の境界線は曖昧なグレーゾーンが占める。よって、法の裁きが必要なハラスメントなのか否かの判断、証明が難しい場合もある(今回のように証拠が潤沢に揃えば全く問題ない)。

 結局、被害発生後の刑事告訴(又は、告発)により、遅ればせながら真相究明が始まる。それも、社内のリスクマネジメントに属する各委員が、常に第三者機関的に動く人格者が勢揃いしているならばまだしも、仮に、パワハラやセクハラを楽しんでいる悪代官を擁護するとなれば、企業内浄化(自浄作用)など期待できるはずもなく、延々と常軌を逸する蛮行が繰り返され、被害者が増えるばかりとなる。

 防止策としては、正論、筋を通す中間管理職を中心とした精鋭部隊が社員総会にて「社内浄化委員会」を設置し、悪代官らの蛮行を抑止殲滅させるための防御システムを整備する必要がある。腐った蜜柑は、できるだけ早期に箱から放下さねば、全てが腐ってしまい、企業自体が朽ち果ててしまう。心ない蛮行軍団の為に、若い人たちの夢や将来を台無しにされては洒落にもならない。

 犯罪の温床をネグラとする悪代官らを殲滅するには、被害者側も多少リスクを背負うけれども、決して妥協することなく、感情論に捉われず、言葉の綾(個別面談)に洗脳されず、勇気を持って正義、正論を貫き通して頂きたい。スパルタ主義を謳歌していた昭和時代の考え方は、時代錯誤も甚だしい。今の時代、弱者救済が最重要課題。よって、パワハラを無意識に行う低民度の原始人とはオサラバしても、一向に構わないのである。


monkey-002



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
写真・文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/7/18 12:00 am

ボブ・ウッドワードに学ぶこと・・・

josui-3


 久しぶりに、Bob Woodward(ボブ・ウッドワード/※1)の最近の動向を調べてみた。同氏は、元々「ウォーターゲートスキャンダル」で活躍した世界的なジャーナリストである。同事件は1972年に起きたもので、その後、「大統領の陰謀」(All the President's Men/※2)という映画も制作されたほどの一大事件であった。

 最近のボブ・ウッドワードの動向なり発言を拝見していると、やはり印象深いキーワードは「メモ(MEMO)」である。全て揺るぎのないエビデンスを形作るのが、当時の手書き「メモ」であり、彼らの脳内では、縦横斜め(過去現在未来)情報が、360度の世界にてリンクして行く。

 十数年前に、その映画DVD(字幕版)を購入して、30回以上は見たろうか。嘘の上に嘘を塗り固めていったものが、じわりじわりと暴露されて行く。今回のアメリカ合衆国大統領選挙でも、ビッグマウスでギャンブル好きな現大統領の発言の流れとよく似ている。

 ボブ・ウッドワードの公式サイトなり、YouTubeなりに立ち寄ると、「The president is not above the law.」という文言が飛び込んできた。いろんな所で遣われている言葉であり、帝王のような存在をアピールする現大統領のスタンスを巧みに描写しているように思えてならなかった。

 以下は、比較対象としては無味乾燥になるが・・・今も尚、日本国内の地方に行けば、「著作権法」が罷り通らない。酒を呑むなと言っても「飲酒運転・酒気帯び運転」や「煽り行為」が止まらない。当然の如く、「The citizen is not above the law.」だが、「法の無知」ばかりが際立っている。

 ここ1〜2年の体験談(実話)であるが、当社は二度にわたり「著作権侵害」に被害に遭った(※3)。一つは一昨年の滋賀県栗東市による「著作権侵害」に対して猛烈に抗議をしたところ、同市長及び関係部署から、丁重な謝罪文が数通届いたのだった。

 しかし、それから2年過ぎても、同市公式サイトの「市長記者会見(2018年12月27日)」の内容を見ると、都合の悪そうな過去の文言が削除され、未だに市民への公表(謝罪)を行なっていないことが判明。残念ながら、「法の冒涜」としか言えない。

 「著作権法」を余所事のように考える地方の経営者も確かに多い。「犯罪」であることも認識せず、指摘を受ければ、違法行為の証拠隠滅、隠蔽のために、さっさと指摘されたものを削除して、「逃げれば勝ち!」と思い込んでいる愚かな人もいる。

 つい最近でも「著作権侵害」の被害を受け、その箇所を数日前に確認したのだが、「周囲に知られなければ、問題はない。さっさと写真データを消して、差し替えて逃げれば良い!」と思ったのかどうか分からないが、既に消された事実を確認した。

 とんでもない話で、「著作権法」に定められた「罰則(刑事)」がどれほど厳しく、民事においても相当額の損害賠償や慰謝料などが裁判で言い渡されるかを理解していない。「法の無知」なる者の、身勝手で浅はかな「価値判断」となる。

 筆者が、ボブ・ウッドワードから学んだのは、先々揺るがぬエビデンスを生み出すという「メモ」である。それも、時系列に書き込んだ「メモ」は、アプリ「Mind Node(マインドノード)」などを使えば、加害者の真理なり挙動なりが瞬時にビジュアル化される。

 更に、蜘蛛の巣状に絡んでいたリンクの糸の塊が、あたかも綾取り名人になったかのように、アーティスティックに解かれてしまう。パソコンやスマホのアプリにもある「Mind Node」は、是非オススメしたいアプリの一つだが、一度体験されてもよかろうと。

 最後に、諄いようだが、「著作権侵害」は想定外に「重罪」であることを認識しなければならない。また、スマホは高機能カメラを搭載しているが、勝手に他人の顔を撮った写真や、貴重な著作物や個人宅の写真などをSNS上にアップせぬことが肝要となる訳だ。

※1Bob Woodward(ボブ・ウッドワード)は、元ワシントンポストの辣腕記者。Carl Bernstein (カール・バーンスタイン)とのタッグで、ニクソン大統領時代に起きたウォーターゲートスキャンダルを暴き、ジャーナリストの鏡とされる人物

※21976年8月7日に日本で公開された映画。ボブ・ウッドワード役をロバート・レッドフォードが、カール・バーンスタイン役をダスティン・ホフマンが演じたドキュメンタリー映画の傑作

※3起業して現在まで30年間、「著作権侵害」の被害に遭ったのは、大なり小なりをカウントすれば、計6回となる。写真の無断使用が圧倒的に多いけれども、YouTubeの動画をダウンロードして、別アカウントのYouTubeに搭載した悪質なもの(熊本県菊池市の某団体)もあった


▼50キロ先にある阿蘇中岳の噴煙を撮影したもの
aso



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/2 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp