ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » サプライズ

結局、阿蘇高菜ピラフ ポークグリエに落ち着く!

800_1380


 雨の日は、辛い。肩にぶら下げたカメラが役を果たさぬばかりか。九州南部が豪雨に襲われているのに、日頃の取材気分とはなれない。ただ、シェフが一所懸命創り出す料理だけは、雨の日の被写体としては最高のものとなる。よって、メニューを開いて気分を立て直す。

 お得なランチメニューも良いが、どうしても、最近頭に浮かぶものは「阿蘇高菜ピラフ ポークグリエ」。一体全体、何食食べれば気が済むのか。頭に浮かべば、「焦がし醤油、高菜は絞りに絞って、油は極力少なめに、ぽろぽろの高菜ピラフに!」と注文してしまう。

 多忙なランチタイムにシェフには迷惑を掛けるが、「高菜ピラフ」には拘りがある。特に、阿蘇地方の田舎料理の「高菜ピラフ」。これに、限る!本日の厨房のチーフは、セカンド。丁寧に焼かれたBBCポーク。高菜はしっかりと絞られ、油もギリギリ少々で、最高の「高菜ピラフ」が目の前に。

 香ばしい焦がし醤油が何とも言えず、高菜の酸味と甘みと辛味が適量の油と相俟って、スプーンの動きが速くなる。時には錦糸卵や野菜を間に入れて、完食。すこぶる旨い「高菜ピラフ」に、脂身の甘みと柔らかさが売りのBBCポークが、絶妙なるコラボを演じてくれた。・・・セカンドに、感謝!


▼今週のシェフランチ:ビビンバオムライス(本日のスープ・サラダ・デザート・コーヒー付き)
800_1195



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                         


  • posted by Chikao Nishida at 2019/7/4 02:03 am

まるごとオマール海老フライカレー

800_1173


 熊本ホテルキャッスル1階のダイニングキッチン九曜杏では、7月1日(月)から31日(水)まで、期間限定「まるごとオマール海老フライカレー」がサーブされる。サラダ付きで、3000円(税サ別)。オマール海老は勿論「活」で、1日5食限定。幸運にも、初日の第1号を食すことができた。

 細長い器中央に盛り付けられたオマール海老。兜を剥がすと、内子が沢山詰まっている。ハサミ(爪)は思いの外大きい、カナダ産のオマールのようだ。最近、このサイズのオマール海老にお目に掛かることがなかったので、至福の極みである。

 カレーのルーはやや濃い味付け。欲を言えば、よりあっさりカレールーにて食す方が、よりオマール自体の味と食感を楽しめるのではないかと思った次第。しかし、見るからにも贅沢な期間限定の特別ランチである。

 本当にこのお値段で大丈夫かと、こちらが心配してしまうほどで、オマール海老大好き人間にとってはたまらない。1日5食限定なので、可能であれば、早めに同ホテルレストランへ足を運び入れ、注文されればと・・・。


▼同ホテルレストランのマネージャー
850_5188



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2019/7/2 03:50 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp