ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » コロナ禍

人間模様、おもしろきかな!

◎記事と写真は関係ありません

JOSUI


 自我意識に目覚め大人になるにつれて、人は異性を求め、ある時は同性を求め、人それぞれに、その人なりの人生を歩み続ける。孤独が良いと言う人もいれば、愛おしい人との語らいが一番と言う人もいる。数十年、市内中心部にあるホテルレストランに足繁く通っていると、いろんな人間模様を見ることができる。

 それは、ある年代に達する頃から、一端の大人の男性が群れ、片や、一端の大人の女性が群れている。聞きたくもない話が、木霊する。男性陣はゴルフや夜のクラブ活動の話に躍起となっている。女性陣はと言えば、一斉に自分中心の話を喋りまくる。それも、不甲斐ない夫の話やら、子供自慢話やら・・・。

 時には、ダンディーな男性が、一回りも二回りも歳の差のある若き女性を引き連れて、ゴージャスな料理を楽しんでいる。その横では、老夫婦がニコニコと静かに食事をしている。夫が粗相をすると、妻が夫の口元の米粒を取ったり、妻が足を引きずると横からそっと夫が支える。何と微笑ましい光景であろうか。

 奥のテーブル席では6人の熟年女性たちが、年金や保険の話を大声で話している。その手前では、レストランテーブルにてノートパソコンを開き、若きビジネスマンが女性経営者であろう人に、身振り手振りで一所懸命に契約の話をしている。儲け話だろうか、レストランがレクチャー会場と化している。

 ホテルレストランは、実に面白いところであり、一日中、多種多様なる人間模様が観察できるところでもある。別にそのような悪趣味は持ち合わせていないが、視覚、聴覚を介して情報が勝手に流れ込む。常連客のテーブル位置は決まっている。一見客の疲れ切った男性は、我が家のリビング感覚で寝ている。

 幼な子が、ホテルレストラン中央を、風を切って走り回る。両親や祖父母は注意もせず、自分たちの食事に一所懸命。あたかも動物園のような騒がしさである。左奥では、なにやらオムツを開いて顰めっ面している若い母親がいる。食事処なので、別の部屋を依頼するか、さっとトイレに駆け込めば良いのに。

 ある日の午後、太々しい態度の高齢女性が数人の家来を連れてカウンター席についた。驚いたことに、ホテルのスタッフを何人も呼び捨てにて、ワイワイ騒ぎ出したのである。ホテルの人事やらを大声で聞いている。株主ではないが、常連は常連だが、要らぬ世話であり、その大声はホール全体に行き渡る。

 ホテルレストランは食事処であるが、喫茶店と勘違いして、何杯も何杯もコーヒーの御代わりをして、数時間話し込む常連客もいる。坪あたりの売り上げを考えれば、非常に効率の悪い使い方をホテル側に強いているようで、決して紳士であるとは言えない。日本ならではの「お茶は無料」という感覚か。

 海外に行けば、ワインよりもボトルドウォーターの方が値段が高かい、食事中にお茶のサービスなど有り得ない。コンビニでさえも1杯いくらで売ってあるコーヒーである訳で、常連客であれば、1杯ずつ料金を支払い、合わせて料理を注文し、コロナ禍であれば尚更のこと、売上協力するのが役割だと言える。
 
 このように、おもしろ満載の人間模様であるが、上述は殆どコロナ禍になる前の日常的な光景であった。しかし、現在は客足も激減し、レストランの中心的役割を果たす料理人は苦悩の日々を送っているに違いない。しかし、この時期だからこそ、料理のグレードアップに探究するが賢明であろうかと。

 蛇足ながら、地方に行けば行くほど、「サービス」という日本的曲解により、「無償」と決めつけている人の方が圧倒的に多くなってくる。では、ホテルにおける「サービス料」とは何ぞや。日本においては、チップに替わるものとして制度化しているが、「払う方が偉い」と思う人には拍車を掛ける。

 人は十人十色。最終的には、大人として、社会人として、常に「TPO(Time・Place・Occation=時と場所と場合)」を弁えて行動するが、一端の大人と言える。それが常に頭にあり習慣づいていれば、上述のような大家族の小部屋大騒動のような光景が無くなり、ホテルレストランは癒しの空間に戻る。

 客はホテルレストランを選べても、ホテルレストランは客を選べない。畢竟、ホテル側が文化発信基地として客を育て、客はその高品質の文化に触発され民度を上げて行くという繰り返しが、客質に繋がることになる。持ちつ持たれずだが、そこは重要なポイントとして、常日頃から心掛けたいものである。自戒を込めて・・・。

 
▼孔子公園のツマグロヒョウモン
butterfly-koshi-001


butterfly-koshi-002


butterfly-koshi-003


butterfly-koshi-004


butterfly-koshi-005



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/26 12:00 am

コロナ対応で国民性の違いが浮き彫りに・・・

▼コロナ禍では自然が一番心癒される

nature-001


 昨日の早朝に、ヨーロッパ在住の医師とコロナ禍について話をすることができた。実は、昨日の記事へ「賛同できない!」というメッセージから始まったのだが、間に英語を挟み込んでの遣り取りなので、こちらの真意が伝わらなかったようで、最終的には「I understand what you say!」でまとまった。

 その医師のコロナ禍への考えは次の通りである。(1)コロナは怖いものではなく感染しても治る、(2)コロナを恐れて閉鎖的になれば経済が低迷する、(3)コロナよりも怖いのは怪しいワクチンである、(4)我々は夜でもノーマスクでワイワイ酒を楽しんでいる、と言うのである。

 また、(5)つい最近、自分自身がコロナ(デルタ株)感染した時は、初日だけ体温が38.2℃となり嗅覚障害があったが、今は完治している。それで、今夜もバーに繰り出して最高の気分に浸れる、と語っていた。更に、(6)政府は単にゲームをしているだけで、それに我々が載せられていると批判。

 最後に、(7)私は死を恐れはしない。何故なら、死は神様の思し召しなので、それを拒否もしなければ甘受すると、宗教観を暗示するような結びであった。最初の時点で相手の誤解が解けて良かったが、その医師の信条なりを詳しく知りたかったので語りは続き、ようやく全体像が見えてきたのである。

 しかし、その医師の考えについて素直に理解、賛同するのは、(2)、(3)、(6)であろうか。勿論、政府がゲームをしているというのは語弊はあるが、各国政府の駆け引きを伝えたいのであれば、御意となる。検知もままならぬワクチン数種接種を強行し、慌てさせるのが実に怪しく感じるところだ。

 上記は一人の医師の見解なので、医師たちの総意でないことは重々承知の上だが、医師がワクチンを危険物として信用できず、接種せずに自ら感染した経験において、コロナは人にとって大したことはないとの判断には驚かされた。一人一人の個体差もあり、免疫力も確実に異なるのだから・・・。

 この医師が一番言いたかったことは、筆者が閉鎖的になり、日頃からの取材活動を停止するのは止めて欲しいと言う思い遣りなのであった。そこで、できるだけ感染を避けたいので、だだっ広い自然の中で、田舎の風景やらを撮影することにしていると答えると、了解したとの言葉が返ってきた。

 ただ、昨年からのコロナ禍の世界的な流れを顧みると、極論ではあるが、どうも細菌兵器の感染者たちが、人体実験を強いられているように思えてならない。下手をすれば、免疫力のない高齢者の命を摘み取り、高齢社会脱却を目論んだ人口政策へ移行する、理不尽なる国もありはしないかと邪推するばかり。映画「ソイレント・グリーン」を思い出してしまう。

 各々の国民性により、コロナ禍に対する認識の違い、見解の相違が生じていることが理解できただけでも、その医師との話し合いは貴重であった。コロナは、数百万匹というバッタの大群がトウモロコシ畑を一気に食い荒らすような攻撃性を持たない。よって、「己と人の命を救う行動」の選択が第一義であるが、結論とした。


nature-002


nature-003


▼御多分に洩れず、現在の熊本市内は感染爆発となっている。
nature-004



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/23 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp