ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » クロスディア

オールドレンズ NIKKOR 35mmの一日

DFD_6392



 あっと言う間に大晦日になった。・・・昨日は、若干温かな午後から秒刻みの移動だった。持ち出したのは、NIKON DfとオールドレンズのNIKKOR-S Auto 35mm 2.8単焦点レンズ。

  写真上は、筆者の親友のチュンタオさん(ニックネーム)。すきっとした背広姿で、席に着くや否や電話に出た瞬間を捉えたものだ。背後の硝子窓からの逆光が気になるが、逆にそれを拾い込み、モノトーンの中で柔らかい暈けが出ている。左後ろの6名の女性たちのランチ風景もちらりと写り、筆者なりにお気に入りのワンショットとなった。

 会食が終了し、その前にカメラの坂梨に依頼していたモノトーンの写真のA3判(フレーム付き)を取りに行き、更に、ソフィ・タカヤナギを訪ね、高柳隆大さんへその出力を手渡した。大変喜んで頂き、Facebookにアップされるや、筆者としては珍しく55名を超える「いいね!」があったようだ。

 本日は熊本市内を北へ南へと行ったり来たりしていたが、またまた、熊本ホテルキャッスルへと。・・・筆者の所へやって来た先見塾の奥野心介塾生が随行することになり、お茶をしながらカメラとレンズの相性やレンズの特性について話をしていたが、結局、再度カメラの坂梨へ足を運ぶ事になった。・・・そこで、オールドレンズ、高性能のツァイスレンズ、20万円を超える高級NIKKORズームレンズなどを装着しての試写を楽しみ、話が最高潮に達した頃に、淀川司朗塾生もやって来たのだった。・・・どうやら彼らは今年の〆の社内忘年会らしい♪

 明日が大晦日。周辺は慌ただしく買い出しをする人達や、イライラ運転の車などがひっきりなしに往来している。しかし、我々は、日頃と全くリズムも変わること無く、同カメラ店でまったりしていた次第。

 話は前後するが、以下3枚の写真は、奥野塾生が、NIKON D7000にNIKKOR 55mmマクロのオールドレンズを装着し、おやつを撮影している瞬間である。D7000はDXフォーマットながらも、そのハイエンド機種(後継機はD7100)である。同塾生は、この一年ほどで急速にカメラ撮影のノウハウを吸収しており、同カメラ店のオーナーが語るレンズ理論に、立ったまましっかりと耳を傾けていたようだ。

 ツァイスレンズが衝撃的だったのか、「次回、ツァイスは近いうちに欲しいですね!!」と、眼をキラキラとさせていた同塾生だった。・・・レンズは命。如何に値段が高かろうが、レンズは一生ものとして財産となる。カメラが替わろうが、レンズを捨てる事はない。よって、レンズを購入するには、言葉は悪いが「糞レンズ」買いの銭失いではなく、一生使えるような銘玉を揃えていった方が賢明な事であるのだ。

 来年の先見塾写真倶楽部は更に活発な活動をするであろうと予測されるが、それに伴い、Facebook上でも「オブスクラ写真倶楽部」において、筆者も楽しいフォトコンテストを展開したいと考える次第である。


▼NIKON Df+NIKKOR-S Auto 35mm 2.8単焦点レンズで撮影
DFD_6404


▼NIKON Df+NIKKOR-S Auto 35mm 2.8単焦点レンズで撮影
DFD_6408


▼NIKON Df+NIKKOR-S Auto 35mm 2.8単焦点レンズで撮影
DFD_6410


▼ランチ会議で食した「極上ハンバーグ フォアグラ添え」(熊本ホテルキャッスル) iPhoneで撮影
CASTLE



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/31 12:49 am

モノトーンの世界(2)

▼工房で時計の修繕をしている高柳隆大さん
※NIKON D800+SIGMA 50mm 1.4

CNJ_8043



 最近、モノトーンの世界に魅せられている。既に、そこから脱出不可能と言うほどに、その世界は広くて奥深い。

 モノトーンで表現するのは、勿論、人、自然、物・・・と、無数に被写体が存在するのであるが、筆者の場合は、「匠」というテーマで、人を取材したいと、そのボルテージが日に日に高まっている。

 写真上は120年の歴史と伝統を誇る老舗ソフィ・タカヤナギを取材した時のワンショット。高柳隆大さんが工房に入り、時計の電池交換や修理をする狭い場所で、こっそりとシャッターを切ったものである。

 http://www.dandl.co.jp/sophy/Link

 このようなモノトーンの写真は、何度見ても飽きることが無い。無駄な色が全て目の前から省かれている訳で、見る側が色んな想像をしながら見れるというものが魅力的だ。

 23年前まで仕事をさせて貰った新聞社に居る当時は、勿論、辞め際では新聞もカラーが当然のような時代となっていた。しかし、昔々は全てモノトーンと網掛けだった。・・・実録・・・ジャーナリストが戦場に足を踏み入れ、最前線で撮影されるモノトーンの世界は、実に迫力があり、カラー写真よりも遙かに生々しさを想像させるものであった。

 来年の目標は、モノトーンの世界をどれだけ切り取れるかに挑戦してみたいと考えている筆者である。・・・ファインダーを覗き込む度に、心を無にして、雑念を捨て、それにとことん集中する、その訓練を日々積み重ねて参ろうかと考える次第。


▼以下写真は、ロゼッタストーン異業種交流ポータルサイトの面々
 ※NIKON D600+NIKKOR 60mmマクロ
CND_3972


CND_3986


CND_3975


▼昨日撮影した熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏の岩本憲治マネージャー
※NIKON Df+85mm
DFD_6110



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/28 01:14 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp