ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » クラハ

久しぶりの「Clubhouse」で大爆笑!

dandllogo


 本当に久しぶりに「Clubhouse」の「D&L地域揺り起こし」の部屋(会員のみ参加可)を立ち上げた。

 立ち上げた瞬間に入ってきたKさん。3ヶ月ぶりだろうか、近況の情報交換から始まり、笑いが止まらぬ状態が続いた。Kさんは、巨大企業の幹部であり、これまで、米国、ヨーロッパ、そしてアジアとグローバルに動いてきた遣り手である。

 昔々の家電商品を思い出しながら・・・黒電話のダイヤル回しの話から、白黒テレビのダイヤル、そして洗濯機などに話が進み、物作り日本の絶好調の時代を思い浮かべながら、今後の日本を占うことに。今の日本の危機管理能力のなさと教育レベルの低さという結論に至った。

 戦後復興から、勤勉なる日本人が築いた経済大国・日本。ある時は、「エコノミック・アニマル」とまで揶揄されるほど、他国にとっては、一目置かざるを得ない経済復興を成し遂げたのであった。ところが、今やアジア諸国からも置き去りにされそうな気配となっている。

 当時の民主党の「何故2番ではダメなんですか!?」発言から、国内の経済は鈍化し、国際競争では負け戦ばかりになってしまった日本。それでも尚、今の日本は強大な国力を持っていると勘違いしているのが、平和ボケした、低民度の人たちである。

 現在、筆者としては著作権侵害の被害(国際的な犯罪)に遭い、気持ちとしては落ち込んでいるものの、Kさんとの会話で、面白おかしな話として笑い話と化したのである。民度が低ければ、その常識の尺度は狂ってしまう。よって、著作権侵害事件が多発するのだろうと。

 Kさんとの会話は2時間を超えてしまった。互いに実際に会っていないけれども、胸筋を開いた会話により、真実が分かったり、見解の相違が上手い具合に縫合されたり、とても貴重なる会話ができて、心はすっきり爽やか。

 筆者のスタンスは、「常にガラス張り」。虚栄なんぞ不要であり、大風呂敷も要らぬ世話である。年齢差や世代なんぞ全く意味もなく、敬愛の念を大前提として、人として膝を突き合わせて話し合う。それが、一番価値のあるヒューマンコミュニケーションであると考える次第。

 「やってる感」を一所懸命アピールする人も多いが、それは遣っていない事実を語るよりも癖が悪い自己アピールとなる。物事の核心に触れる以前に前座が長ければ、フォーカスが暈けてしまい、何事も人の心に伝わることはない。だから、単刀直入にさらっと話せばよいだけのこと。

 胸筋を開くというのは、警戒心がある人や自分に自信がない人はなかなかできるものではない。胸筋を開く場面で、あれこれと言い訳をしながら、屁理屈をこねると、無駄な時間ばかりが経ってしまう。そんな不自然なコミュニケーションでは、今夜のような楽しい話が飛び出すはずもないのである。

 何はともあれ、今夜の「Clubhouse」は、部屋をスタートして5ヶ月が経つ中で、最高に充実した時間であった。(Kさんに感謝である)


clubhouse-02


clubhouse-01



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/7/3 12:00 am

井戸端会議化するClubhouseに、待った!

dandllogo


 昨夜、Clubhouseの「D&L地域揺り起こし」の部屋を立ち上げている最中に、近しい人物から、久しぶりに電話が掛かってきた。ご挨拶を済ませると、間、髪を容れず、こう語ったのである。

 「最近はなかなか時間が取れませんが、車の運転中にラジオ感覚でクラハ(Clubhouseの略称)を聴いています。勿論、聞き専です。しかし、大勢が入っているところは、ざわざわトークで聴き辛く、また、プライベートな中身ばかりのところは聞く価値もなく、直ぐに部屋を変えるんです。どうして、個人的な話が盛り沢山なんでしょうか?そんな下らぬ話ならば、近場の方々と話せば良いのでは!!!」と。

 なるほど、ラジオ感覚で聞かれる方が多いと聞いてはいたものの、芸能人や有名人でもない一般の方々が、パブリックスペースにて、超ピンポイントなプライベートな話をしても価値がないというご指摘。正直なところ、部屋を立ち上げるサイドの人間としては、すこぶる耳が痛くもあり、聴取者としてはご尤もなご意見だと頷いてしまった。皆が各々時間を割いて参加しているのだから、価値あるトークを求めているに違いない。

 Clubhouseの部屋のタイプは千差万別。まともなビジネスの話をするところもあれば、宗教じみた怪しい部屋も沢山ある。ご指摘のように、子供が東大に合格したとか、有名商社に入社したとか、有名ホテルの何を食ったとか、子や孫が可愛いとか、全ては自慢話にもならない。特に、Clubhouseで情報を仕入れ、また、ビジネス目的のベクトルにて活用している人には、上記のようなトーク内容は、耳障りなものばかりなのだろうと。

 2月初旬から、1日あたり平均10時間ほど部屋を開いて対応していたが、4月になって、飽きが来たのか、急にトーンダウンした人が圧倒的に多くなったように思えてならない。以前は、部屋を開けば、直ぐに数人、多い時は十数人が集まってきたけれども、現在に至っては、何時間も部屋が空の状態が続くこともしばしば。よって、最近のClubhouseのシステムは、ある程度の時間、無音状態が続けば、部屋が自動的に閉鎖されるのだろうと・・・!?

 以前の記事にも書いた通り、SNSは日々変化、日々進化しつつも、人間は、特に日本人は飽きやすい。どうやってビジネスライクな方向性にて運用して行けば良いのか、そこが重要なポイントでもあるが、「言うは易し、行うは難し。」、なかなか難しい問題である。ただ、上述の通り、個人的なトークは、可能な限り控えた方が賢明であり、聴取者にとっても心地良い部屋であることを、よく理解できた。要は、井戸端会議はクローズドで遣れってことである。

 筆者はビジネスライクな活用法をリサーチしている人間の一人なので、今回のご指摘は非常に有り難くもあり、今後の展開に参考になりそうだ。


clubhouse-top


clubhouse-nishida



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/4/8 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp