ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » カメラライフ

カメラライフのススメ!

▼イソシギ
kamoto2


 写真上は、先般取材した水辺プラザ(山鹿市鹿本町)に居たイソシギだ。最近は、用件を済ましては、時間があれば、車で各地を走り回りながら、被写体を追う日が続いている。

 本日は、午前11時頃から午後2時まで、ランチタイムを忘れての打ち合わせとなったが、前向きで、気持ちが良いほど遣る気満々の経営者との会議は、真剣そのもの。しかし、すこぶる楽しく実のあるものとなった。

 ご夫婦でお越しだったので、一頻り話をしたが、最後の方で、カメラの話をすることにした。仲の良いご夫婦なので、折角ならば、共通の趣味としてカメラライフは如何かと提案したのだった。

 反応は予想以上に良く、お二人とも、「あちこちを旅したり、散歩したり、二人で写真を撮るっていいですよね!」と。ご主人も笑顔で話に聞き入っていた・・・。

 しかし、このご主人は、一度嵌ったらとことん遣り通す人物なので、正直、後々、カメラやレンズに拘りすぎて、寝食忘れるのではなかろうかと、少々心配になってきた。


▼取材風景
kamoto3


▼取材用機材
camera



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/24 03:32 am

カメラライフのススメ!

cameralife


 スマホでも一眼レフでも、ミラーレス、コンデジでもいいんです。カメラをこよなく愛して、記憶のみならず、より鮮明に記憶に留めるために、記録に残す。これが、カメラの醍醐味です。

 写真はその人の心を如実に語ってくれます。また、その人のその時の心の動きを、ダイレクトに伝えてくれます。

 カタログ写真のように美しく撮るのがカメラの目的ではなく、人生の一コマ一コマを大切に、その瞬間を自分スタイルで記録するのが、理想的なカメラライフ。上手、下手はありません。

 私は、人が人の作品を評価するということが大嫌いな人間の一人。あーでもない、こーでもないと評価される必要もありません。ただ、自分の心のままに、童(わらべ)のように光と影を追い続けます。それが、本来のカメラライフなのです。

 楽しい人生のために、カメラに嵌ってみませんか!?年齢を重ねて、高齢になったとしても、カメラという趣味は、人生の終着駅まで続くのです。撮影のために歩きます。撮影のために車で移動します。どんなに近場であろうが、素敵な被写体はゴロゴロと転がっています。

 1枚の写真を撮影するのは、ほんの数秒。その数秒に集中するカメラライフは、心身ともに「健康」というご褒美を与えてくれます。


▼御馬下の角小屋(みまげのかどごや)のオニユリと黒アゲハ
cameralife2


▼最近の取材ランチ
cameralife3



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/7/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp