ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » お節料理

4月のランチ「日和コース」・・・

enokizono-square


 京料理「えのきぞの」の4月「日和コース(2500円/税別)」を取材した。春の旬味満載の料理群に仕事を忘れ、つい、試食の方に力が入ってしまった。

 一つ一つの料理に手が掛かっているので、ゆっくりと食したいが、箸は無意識に動いてしまう。前菜にうっとりとしてしまい、極上の刺身を口に頬張り、焚合せのだし汁は最後まですすってしまった。実に繊細で、食材の香りが沁み込んだ逸品である。

 揚物のよもぎ豆腐は、濃厚なよもぎがギュッと濃縮されており、カリカリの春巻きの食感と汁が絶妙である。同店料理長は常にポーカーフェイス。凄腕を自慢しないところが奥ゆかしく、懐さえ許せば、毎日食したいほどの料理として、是非、お薦めしたい。

 後半戦になり、目の前にドーンと置かれた土鍋ご飯。同コースの〆としては最高の組み合わせだろうと。今回、こそっとお替りをして、最後のデザートを頂いた。因みに、この「日和コースに」、贅沢な吸い物と抹茶が加わると、「雅コース(3500円/税別)」となる訳だ。

 伝統ある、京料理「えのきぞの」。高級住宅街にポツンと佇み、決して敷居が高くはない食事処は、多くの方々にお教えしたいけれども、実は、内緒にしておきたい店の一つなのだ。今回も、小鳥が降り立つ前庭を眺めながら、美味しい取材は終了したのだった。

◎4月のランチメニュー「日和コース」2500円(税別)

<前菜>うどの木の芽和え わらびの白和え うるいのごま和え 穴子真丈 海老 そら豆 長芋 たこ
<向付>お刺身
<焚合せ>筍 ふき 鯛の子 木の芽
<揚物>よもぎ豆腐の春巻き包み アスパラ こごみ わさび 煎りだし
<焼物>本日の焼き物
<飯物>土鍋ご飯
<汁物>味噌汁
<甘物>さくら餅


DFD_3040


DFD_3044


DFD_3061


DFD_3066


DFD_3079


DFD_3101


DFD_3111


▼雅コースは以下の二品が付く
suimono


DFD_3119



<えのきぞの>定休日:月曜日
 〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A TEL: 096-211-5525

◎えのきぞの公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎ランチ&ディナーのご案内 ダウンロード
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/news/menu.jpgLink
◎「えのきぞの」のお弁当情報 ダウンロード
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/news/bento.jpgLink
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link
◎えのきぞの過去記事
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink

文責:西田親生

                                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/4/9 04:03 am

この時期は、弁当が一番。

enokizono-square


 「不要不急の外出自粛」が、新型コロナウイルス対策の最大の武器となる。ここで感染を止めたいが、皆が同じベクトルにて、この危機を乗り越えなければ、あちこちでクラスターが起こるに違いない。民度高き日本人であれば、率先して「不要不急の外出自粛」の重要性が分かるはずである。

 ただ、ずっと家に閉じ籠り、パブリック・トランスポーテーションも危険となれば、長期になればなるほど「不要不急の外出自粛」に苛立ってっくる。最近、取材に出掛ける際に心しているのは、人が集まる所へは足を運ばず、取材前のランチも時間をずらしたり、弁当を買うなどして対処している。

 弁当と言えば、以下写真の通り、「えのきぞの」の弁当に出逢い、弁当の概念が変わった事があった。それは一昨年の事。これほど旨い弁当は、稀有な存在でもあり、日本人であることがすこぶる幸せと感じたのである。体全体が自然に欲するような弁当。日本の弁当は、世界に誇れる食文化となる訳だ。

 昨日は、「えのきぞの」へ足を運んだものの、二日前の予約を要する弁当であるが故に、残念ながら食すことができなかった。よって、時刻も午後2時過ぎていたので、お客が全く居ない時間帯にて、贅沢にも、お昼のコースを食させて頂いた。

 因みに、グルメ友達は、下の「水の巻」 2000円(税別)がお気に入りだと言う。コスパ最高にて、会社の役員会にも利用しているらしい。それに対して、筆者は食いしん坊なので、当然のことながら「地の巻」 3000円(税別)を一押しする。季節により食材も変わるが、昆布締めがのったご飯は最高だった。

 この時期、人と接することを極力避けて、「えのきぞの」のような弁当を自宅に持ち帰り、安心安全な環境下で、舌鼓するのが賢明なことだと考える次第。次回は、しっかりと二日前に予約を入れて、「地の巻」 3000円(税別)をオフィスに持ち帰ろうかと・・・。


※弁当の写真はイメージ

▼「えのきぞの」の弁当「地の巻」 3000円(税別)
3000-1


3000-2


3000-3


▼「えのきぞの」の弁当「水の巻」 2000円(税別)
2000-1


2000-2


2000-3


▼「えのきぞの」の弁当「風の巻」 1500円(税別)
1500-1


1500-2


1500-3



<えのきぞの>定休日:月曜日
 〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A TEL: 096-211-5525

◎えのきぞの公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎ランチ&ディナーのご案内 ダウンロード
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/news/menu.jpgLink
◎「えのきぞの」のお弁当情報 ダウンロード
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/news/bento.jpgLink
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link
◎えのきぞの過去記事
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink

文責:西田親生

                                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/4/2 01:27 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp