ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » お弁当

この時期は、弁当が一番。

enokizono-square


 「不要不急の外出自粛」が、新型コロナウイルス対策の最大の武器となる。ここで感染を止めたいが、皆が同じベクトルにて、この危機を乗り越えなければ、あちこちでクラスターが起こるに違いない。民度高き日本人であれば、率先して「不要不急の外出自粛」の重要性が分かるはずである。

 ただ、ずっと家に閉じ籠り、パブリック・トランスポーテーションも危険となれば、長期になればなるほど「不要不急の外出自粛」に苛立ってっくる。最近、取材に出掛ける際に心しているのは、人が集まる所へは足を運ばず、取材前のランチも時間をずらしたり、弁当を買うなどして対処している。

 弁当と言えば、以下写真の通り、「えのきぞの」の弁当に出逢い、弁当の概念が変わった事があった。それは一昨年の事。これほど旨い弁当は、稀有な存在でもあり、日本人であることがすこぶる幸せと感じたのである。体全体が自然に欲するような弁当。日本の弁当は、世界に誇れる食文化となる訳だ。

 昨日は、「えのきぞの」へ足を運んだものの、二日前の予約を要する弁当であるが故に、残念ながら食すことができなかった。よって、時刻も午後2時過ぎていたので、お客が全く居ない時間帯にて、贅沢にも、お昼のコースを食させて頂いた。

 因みに、グルメ友達は、下の「水の巻」 2000円(税別)がお気に入りだと言う。コスパ最高にて、会社の役員会にも利用しているらしい。それに対して、筆者は食いしん坊なので、当然のことながら「地の巻」 3000円(税別)を一押しする。季節により食材も変わるが、昆布締めがのったご飯は最高だった。

 この時期、人と接することを極力避けて、「えのきぞの」のような弁当を自宅に持ち帰り、安心安全な環境下で、舌鼓するのが賢明なことだと考える次第。次回は、しっかりと二日前に予約を入れて、「地の巻」 3000円(税別)をオフィスに持ち帰ろうかと・・・。


※弁当の写真はイメージ

▼「えのきぞの」の弁当「地の巻」 3000円(税別)
3000-1


3000-2


3000-3


▼「えのきぞの」の弁当「水の巻」 2000円(税別)
2000-1


2000-2


2000-3


▼「えのきぞの」の弁当「風の巻」 1500円(税別)
1500-1


1500-2


1500-3



<えのきぞの>定休日:月曜日
 〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A TEL: 096-211-5525

◎えのきぞの公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎ランチ&ディナーのご案内 ダウンロード
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/news/menu.jpgLink
◎「えのきぞの」のお弁当情報 ダウンロード
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/news/bento.jpgLink
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link
◎えのきぞの過去記事
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink

文責:西田親生

                                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/4/2 01:27 am

先見塾リーダー会を開催・・・

josui-3


 昨日、京料理の「えのきぞの」にて、先見塾リーダー会を開催した。同会には、先見塾特別講座から牛崎塾生、そして先見塾ホテリエからは色見塾生が参加した。(先見塾はディー・アンド・エルリサーチ社が主宰)

 会食のメニューは、皆は「えのきぞの」の「コース雅」。筆者は90年前のレシピで作られたドミグラスソースをベースにした「牛タンシチュー」。実は、先般、日曜日に三月の「コース雅」を食していたので、「牛タンしシチュー」に切り替えたのだった。

 話は大いに盛り上がったものの、ご覧の通り、NIKON族の同塾リーダーたちは、自慢の一眼レフの撮影に傾注し、同店の京料理のレベルの高さに腰を抜かしていたようだ。

 筆者が食したのは「牛タンしシチュー」だったが、柔らかく優しい味わいに、幸せいっぱいの気分となった次第。


▼前回記事・・・「えのきぞの」の懐石に、唸る。
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1583679600Link

D85_5041


D85_5087


D85_5090


D85_5105


D85_5046


D85_5051



<えのきぞの>定休日:月曜日
 〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A TEL: 096-211-5525

◎えのきぞの公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎ランチ&ディナーのご案内 ダウンロード
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/news/menu.jpgLink
◎「えのきぞの」のお弁当情報 ダウンロード
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/news/bento.jpgLink
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link
◎えのきぞの過去記事
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink

文責:西田親生

                                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/3/13 08:10 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp