ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

ぷるぷる美肌鍋膳・・・

▼ぷるぷる美肌鍋膳

bihada-001


 以前は、1日10食限定として、ダイエットが気になる人にぴったりの「ぷるぷる美肌鍋膳」(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)というものがあった。現在は、限定という文字が外され、季節的にも段々と涼しく、更に寒くなると、取材ランチの一つとして重宝することになる。

 ぷるぷるという言葉の響き通り、この美肌鍋の売りは、熱々の鍋にコラーゲンを投入、固形アルコールの炎が上がり、グツグツと鍋中が煮たってくる。鶏肉やツミレ、豆腐、きのこ、にんじん、ミツバ、分厚いキクラゲ、白菜、ネギ、春雨などが溢れんほどに煮込まれ、つゆに薬味を入れ、それに漬けて食す訳だ。

 最近、新たな発見があった。激辛カレー(キャロライナ入り)を平気で食して汗もかかない人が、この美肌鍋を食すと、体がポカポカと温まり、額や首筋に汗をかくというのだ。お値段のほどはリーズナブルで税サ込二千円。勿体ない話だが、この美肌鍋が名の通り美肌に直結した料理として周知されてなさそうである。

 通常の和食には刺身がつきものだが、この場合、刺身蒟蒻(こんにゃく)がついているので、それにワサビを多めにトッピング、鼻から脳髄までツーンと突き刺すような刺激を毎回楽しませていただいている。重ねて、ワサビには抗酸化作用があるので、美肌作り(若返り)のために、毎回目一杯食べることにしている。

 トレイの料理を食した後に、鍋にはコラーゲン汁が若干残るので、レンゲで椀に全てを注ぎ入れ、薄めに味を整え、最後の一滴まで飲み干すようにしている。食後のデザートが出され、焙じ茶で〆となるが、腹八分の満腹感と、体がポカポカと温まる即効性への満足感は、とても有難く、感謝するばかりとなる。

 また、同レストランでは、宿泊者向けの朝食に和食(普通の白ご飯又はお粥)を準備しているが、一般的に、ホテル朝食はバイキングが多い中で、同ホテル宿泊客の満足度は高いという。かなりのヒット商品のようだが、午前10時までがモーニングなので、これを食すには、早朝取材を組み込まねばならない。


bihada-002


bihada-003


bihada-004


bihada-005


bihada-006


bihada-007


bihada-008



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/9 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp