ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

中華旬菜 燕燕のランチ

DF1_8495


 以前、「取材に行きます!」と言って、そのまま随分長い間約束を履行していなかった。よって、本日、大変遅ればせながらではあるが、「中華旬菜 燕燕」の取材をすることにした。

 若夫婦で頑張っている四川料理の店だが、その質の高さは言わずもがな、写真の如し。本日は、カキのリゾット炒飯、麻辣湯麺、担々麺(白ごま)をオーダーすることに・・・。

 先ず、カキのリゾット炒飯がサーブされて、熱々のリゾットをレンゲで掬い、試食した。オイスターソースの甘みと深みが織り込まれた料理で、同店オリジナルさがすこぶる目立った逸品とも言える。あっという間に、胃袋に入った。

 次に、四川の痺れるような「麻」とピリリとする「辣」のバランスの良い麻辣湯麺がサーブされた。黒酢が隠し味となり、これまた、とてもとても他の店では見かけたことがない、新種の酸辣湯麺のようだった。これまた、旨い!

 最後にサーブされたのは、担々麺(白ごま)。歯切れの良い肉と青梗菜、それに、ちぢれ麺が絶妙なるハーモニーを奏でてくれた。最近、担々麺で美味しいところが少ないと悩んでいた矢先だったので、これは、満足度が高い担々麺の発見となった。

 奥さんが、食後に杏仁豆腐とコーヒーをご馳走してくれた。表面張力実験のような杏仁豆腐にレンゲを入れるのに、こぼしはしないかと躊躇した。満腹であったが、さらりと、また胃袋に。また、中華レストランでの食後の美味しいコーヒーが嬉しい。

 午前11時半に足を運んで試食をしながらの撮影であったが、気づけば、すべてのテーブルにお客さんが座って料理を待っていたようだ。ロケーションも肥後銀行本店や日本銀行熊本支店、熊本放送などとも近く、名物店となっている。

 ちなみに、店主は熊本ホテルキャッスル桃花源の出身で、四川の基礎から十分叩き込まれている訳で、同店のファンが沢山いることが当然のように思えた。また、近いうちにディナータイムに足を運び、取材することを約束して、外に出たが、ちょうど入り口には、4人の男性が席が空くのを待っていたので、うまい具合に入れ替わりができたのだった。


▼カキのリゾット炒飯
DF1_8496


▼麻辣湯麺
DF1_8522


▼担々麺(白ごま)
DF1_8534


▼杏仁豆腐
DF1_8541


▼コーヒー
DF1_8550



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

  • posted by Chikao Nishida at 2015/11/17 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp