ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

比類なきオニギリ・・・

▼鯛のあら煮(熊本ホテルキャッスル)

D60_8471


 先日の記事で述べた通り、幼い頃は魚料理から逃げていたのだった。ところが、最近、唐突に「鯛のあら煮」を食べたいと、急にオーダーを切り替えることもしばしばである。

 和食・・・特に、西日本・・・熊本県内(地域によって差異はある)の和食となると、結構、甘めの味付けが多い。県内でも八代や天草など南部地域になると、甘い味付け料理のオンパレード。逆に、私が幼少期に育った県北 山鹿となると、塩っぱい料理が多かったような気がする。多分に、海辺の町と山手の町の長年受け継がれてきた「食文化」の大きな違いだろうと推察する次第。

 ここ数年書き綴ってきた小冊子「如水」(非売品)で、和食の箇所で最後に呟いたものがあった。それは、本業IT業務のかたわらグルメ取材をしていると、「いつも美味しい料理を食べてらっしゃるようですが、今まで食べた中で、一番美味しいと思ったのは何ですか?」とよく聞かれることがある。

 間髪を入れずお答えするのが「昔、母や祖母が作ってくれたオニギリが一番ですね!」と。質問をした人は、首を傾げるばかりで、オニギリが一番と言う、私の言葉を信じてくれないこともあった。

 オニギリはどんな料理にでも合ってしまう。中でも、炊きたてのオニギリは宮廷料理以上に旨すぎる。上等の米(菊池米や鹿本米など)ならば、冷えても、これまた旨い。若干塩をまぶして、パリパリの有明海苔で包んだオニギリは比類なく、甘辛く煮込んだ魚やゴボウなどと食すと、何個でもオニギリが胃袋に入って行くのである。

 写真のように、今回ご紹介するのは「鯛のあら煮」。食したのは白ご飯であったが、オニギリにすると、トッピングしながら食したら、もっと旨かったのだろうと思った次第。

D60_8478


▼天ざる(熊本ホテルキャッスル)
DF1_8060



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2015/11/16 05:02 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp