ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

舌平目のムニエルに舌鼓

castle1


 一昨日、熊本ホテルキャッスルのダイニングキッチン九曜杏にて食したディナーのメインディッシュ「舌平目のムニエル 茸とベーコン、揚げ葱のトッピング」。・・・昨日、BLOGでもアップしたが、どうしてもこの美味しさを再び伝えたくて書き綴ることにした。

 フォークで舌平目左端を押さえながら、ナイフで舌平目の中央に切り目をさっと入れる。更に、背骨前後にナイフを入れて、縁側ギリギリのところでナイフを裏返すと、真っ白な白身が見えてくる。(食し方が正しいのかは定かでない)

 そこで、縁側の上に白身を乗せ、更に、揚げ葱、ベーコン、茸を乗せて、縁側で巻くようにして丸める。そこでナイフで刺して食べるのだが、バターソースとコンガリと焼かれた縁側の芳ばしさが絡み合い、何とも言えぬ食感と共に、その香りが口の中一杯に広がるのである。これが、400メートルトラックの第1コーナーとなる。その間、プレートに添えられた野菜を思いのままに口に入れ、更に、第2コーナー、第3コーナー、そして最終コーナーへと・・・。

 久し振りの「舌平目のムニエル」であったが、これほどまでにライスが足らないほど旨かったというのは、初の体験だ。じっくりと時間を掛けることもなく、あっと言う間に、ディナーが終了した。・・・完食だ。本当に、至福の極みというのは、このことだろうと思った次第。

castle2


castle3



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2014/3/9 06:36 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp