ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

2020年下半期の写真群(1)

josui-3



 今年の下半期に撮影した写真から7枚ずつを抜粋して、今年を振り返ることにした。(下半期は本日から4回連載予定)

▼高画質でご覧いただく場合は、「Behance」で!
 https://www.behance.net/chikaonishidaLink

 子供の頃は、花より蝶などの昆虫を追うことが多かった。夏休みの自由課題としては、女子は押し花、男子は訳のわからぬ発明もどき。筆者の感覚に偏りがあるかも知れないけれども、その目線にて世間を見ていたようだ。

 写真以下は、下半期の取材写真から抜粋してみた。

 (1)アゲハチョウの乱舞は、偶然の編隊飛行にて、幸運なショットだった。普段だったら有り得ない構図である。今年の10本指に入ると自負しているが、今後二度と同じようなショットはなかろうと。

 (2)竜門ダムは、南側のダムの下を恐る恐る覗き込んで撮影したものだ。同地は過去に数回ほど足を踏み入れた処だが、2016年4月14日の熊本地震当時の昼前後に訪れた。撮影が終了し、孔子公園を経由してオフィスに戻った夜に、激震が熊本県を襲った。

 (3)上内田神社の彼岸花は、二度目の撮影となる。同社は、熊本県山鹿市菊鹿町を流れる上内田川沿いにある、すこぶる小さな神社である。ただ、彼岸花のシーズンになると、同社が真っ赤に染まるほど、彼岸花が咲き乱れるのである。また、周囲の田園風景も素晴らしい。

 (4)菊鹿町の栗饅頭は、知り合いの母親が作る、極上ものである。この本物の栗饅頭を知ってしまうと、言葉は適切ではないが、その他店舗で販売している栗饅頭が粗悪品に感じてしまう。栗饅頭を中心から割れば、栗がびっしりと詰まっているのに驚き、齧り付く。

 (5)熊本市動植物園のフンボルトペンギンは、正直なところ、今まで積極的にレンズを向けることはなかった。しかし、母と子のペンギンの様子を伺っていると、ヤンチャな子がギャーギャーおねだりしている瞬間に惹かれて、つい連写をしてしまったのである。

 (6)コスモスの花々は、高台にあるために風に揺られて、少しもじっとしていない。それを苦労して撮影するところが面白く感じる次第。因みに、県北のコスモスの名所では、今年は背の低いコスモスが圧倒的に多かったように思える。

 (7)熊本県農業公園の秋薔薇は、毎年足を向ける薔薇園である。同園の薔薇の手入れはしっかりとしており、黒点病になっている薔薇は皆無に近い。ただ、春薔薇の方が派手派手にゴージャスに咲いているようで、来年の春に期待する次第。

 
▼(1)アゲハチョウの乱舞/孔子公園にて
HONMONO-1


▼(2)竜門ダム(熊本県菊池市)
HONMONO-2


▼(3)上内田神社の彼岸花(熊本県山鹿市菊鹿町)
HONMONO-3


▼(4)菊鹿町の栗饅頭(熊本県山鹿市)
HONMONO-4


▼(5)熊本市動植物園のフンボルトペンギン
HONMONO-5


▼(6)コスモスの花々(熊本市北区)
HONMONO-6


▼(7)熊本県農業公園の秋薔薇
HONMONO-7



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/4 12:00 am

江戸時代へワープできる処へ・・・

taisho-ji-1


 曇天で、すきっとしない一日である。熊本市内の紅葉もそろそろ終わりに近づき、次の取材先の選定に悩んでしまう季節となった。

 そういう時に、年中、深い緑に囲まれた「泰勝寺跡」は、すこぶる地味ではあるが、入り口を潜れば、一瞬にして江戸時代へワープできる処でもある。

 現地到着時刻は午後3時半頃だった。意外に駐車場には車が多く、散歩方々足を運んでくる老夫婦が多いことに気付かされた。カメラ片手の高齢男性もいた。

 受付で、氏名と連絡先電話番号を伝え、200円の入園料を支払い、門を通ることになる。紅葉は一部を除き、ほとんど落ち葉となり堆積物となっている。

 古池の真鴨の数は、倍増している。近づけば、スーッと遠くへ泳ぎ去り、こちらが離れると、野良猫もウロウロしているのか、真鴨の警戒レベルは3のようだ。

 同地の敷地面積は大したことはないけれども、深い緑(竹林も含む)に包まれ、都市部の中では江戸時代を体験できる稀有なる処で、不思議な空気感が漂う。

 ご存知の通り、「泰勝寺」は細川家の菩提寺であり、細川ガラシャも静かに眠る立派な墓石を見ることもできる。足踏む土は、江戸時代のものなのだろうと。

 最近心配しているのは、気候変動が激しい温暖化の影響なのか、昔はキラキラと生き生きしていた「苔園」が、少しずつ崩れているように思えてならない。

 雨上がりの「苔園」に木漏れ日が射すと、何とも言えないアーティスティックな情景が心を和ごましてくれる。しかし、その瞬間を撮影したいが、叶わない。

 本日は気温が低かったので、藪蚊からの攻撃は皆無であり、快適だった。気づけば、1時間ほど散策していたことになるが、冷んやりとした空気が実に旨かった。

 ※立派な墓石の撮影は大変失礼に当たると思い、敢えて撮影していません。


taisho-ji-2


taisho-ji-4


taisho-ji-5


taisho-ji-6


taisho-ji-7


taisho-ji-8


taisho-ji-9


taisho-ji-11



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/3 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp