ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

四川料理 桃花源でのランチ・・・

▼坦々麺(半分の量を撮影)

tantanmen


 四川料理 桃花源(熊本ホテルキャッスル)へ足繁く通うようになって、既に40年近くが経つ。当時のランチは800円だったと記憶するが、行列ができるほどの人気店であった。因みに、現在のビジネスランチは、1種1400円となっている。

 コロナ禍と言えども、同店玄関横の待合席には、ランチタイムやディナータイムとなれば、数組が「待ち」の状態となっている。よって、今回も、時間をずらして、午後2時近くを狙って突入することにした。

 いつもは、リーズナブルなビジネスランチ(6種)から1〜2品を選ぶが、今回は、写真のように、坦々麺、五目野菜のうま煮、そしてグランドメニューに無いチャーシュー麺を注文することにした。(写真はiPhoneにて撮影したもの)

 坦々麺の仕上がりは良かった。元総料理長 善家繁さんの料理をスタンダードに食してきたので、今の若手シェフたちにはハードルが高くならざるを得ず、申し訳ない。ただ、坦々麺だけでも、同総料理長の仕上がり具合の次元が違い過ぎる訳だ。

 知る人ぞ知る、善家繁さんの四川料理。欲目で見ても、日本全国右手に出るシェフはないと言っても過言ではないほど、その技術の高さと料理への優しさは、その方を最後に、見たことがない。とんでもない質の高さである。

 しかし、本日のランチ3種は、若手の腕がグッと上がったのか、美味だった。坦々麺のツーマージャンとスープ、そしてトッピングのバランス良く、五目野菜のうま煮はとても優しい。更に、チャーシュー麺は確と伝統を受け継いでいた。

 長年、同じ店に足繁く通っていると、世代が替わる度に、いろんな問題が起きてくる。何度も、そのバトンタッチの瞬間を見てきた訳だが、このように若手の腕が上がってくると、最近多かった苦笑いが、大満足の笑みに変わって行く。

 四川料理(中国料理)の凄さは、サーブの速さである。爆発しそうな火力で鍋が振られ、さっとテーブルに運ばれる。火傷しそうな熱々の料理を食す瞬間がたまらない。特に、この寒空ばかりの時期には、最高の料理と言える。

 不況下に強い四川料理 桃花源。その理由は、斉藤氏→善家氏→川上氏→早川氏の4代にわたり受け継がれてきた美食の数々もさることながら、開店当時から多くの根強いファンが、今も尚、美食家の常連客として足を運ぶからである。


▼五目野菜のうま煮
gomokuyasai


▼チャーシュー麺(グランドメニューにはない)
chashumen




◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/21 12:00 am

裏庭に住み着いたジョウビタキ・・・

jyobitaki-4


 何とも愛らしいジョウビタキ。裏庭の木々の枝下ろしや草刈りをして、地均しをしたところ、突然、ジョウビタキがやってきた。ヒヨドリとは異なる鳴き声がすると思っていたら、このモフモフしたジョウビタキだった。

 「おーい、おーい!」と、こちらの声を覚えさせようと何度も呼ぶと、逃げるどころか、近づいてくる。地均しをしたので、土の中から出てきた虫を突いているようにも見えるが、最短1メートルほどに近寄ってきた。

 声を掛けると、必ずこちらを向いている。決して警戒している様子はなく、「ここは、私の庭でっせ!」と主張するくらいに、堂々としている。日頃から窓を開ける時も、閉める時も、驚かさぬように、そっと・・・。

 ヒヨドリがバサバサと降り立つと、金柑の枝の中に潜り込む。そこで、こちらへアイコンタクトのジョウビタキ。殺伐とした都市空間にて、この小鳥と小さな庭の組み合わせは、思いの外、癒されるものがある。

 意地汚く、嫌がらせをする人間とは全く対岸にいる小鳥たち。こちらの生活圏をしっかりと見定めながら、自分の生活圏、境界線を決めているところが素晴らしい。互いに邪魔しないような共存共栄のベクトルである。

 以前、この裏庭にメジロやモズも舞い込んできたことがあったが、最近は小型のワタリガラスの姿をあちこちで見掛けるので、小鳥たちの天敵が増えれば、その居場所が狭まってくるのだろうと・・・。

 裏庭の木々を全てバッサリと丸坊主にしようかと思っていた矢先の小さな訪問者。よって、木々の剪定を少々軽めにすることにした。


jyobitaki-3


jyobitaki-1


jyobitaki-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/20 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp