The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 四季の味 やまもとや

「四季の味 やまもとや」に咲く梅!

▼四季の味 やまもとやに咲く枝垂れ梅
DFD_1417


 梅花のシーズンとなり、熊本県内もあちらこちらの梅の名所は、カメラを持った観光客で一杯である。

 「四季の味 やまもとや」が、先般、社員研修のために3日ほどお休みだった。よって、15日の遅めのランチタイムに足を運び、以下の料理を頬張り、帰り際に、駐車場に咲く枝垂れ梅の花々を撮影することにした。

 つい花びらに集中するあまり、頭頂部に枝垂れ梅の枝がツンツンと当たり、撮影後にはサリーちゃんのパパのようなヘアスタイルになりそうだった。花アブやハチを探してみたが、今回は梅の花と昆虫の写真を撮ることは叶わなかった。

 しかし、同店のランチはお得すぎて、少々気の毒なくらいである。テーブル席の間隔が広く、他のお客の目を刺すこともなく、とても良い雰囲気の食事処として、せめて1週間に一度は足を運び入れたいところでもある。

 多分、同店が昨年11月9日に熊本地震からの復興リボーンしてからは、筆者の訪問頻度は、常連さんに混じり、ベスト10に入っているのではなかろうかと・・・。

DFD_1414


DFD_1404


▼穴子御膳
DFD_1305


DFD_1402


▼びっくり天丼
DFD_1333


DFD_1361


DFD_1408



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link
◎四季の味 やまもとや過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/17 12:40 am

びっくり天丼に腰抜かす・・・

▼普通の味噌汁椀と比較すると大椀の大きさがわかる!
owan


 ランチタイムもディナータイムも予約が殺到している「四季の味 やまもとや」。時には法事などの団体客も入り、最近、取材ランチに行くタイミングを逸していた。今回は、運良く予約が取れたことになる。

 実は、同店のランチメニューは、いくつかの一品料理を残し、殆ど食してしまったので、なかなか決めきれなかった。最終的に頭に浮かんだのは、お相撲さんが食べるような大椀に入った「びっくり天丼」であった。

 昔の器が蘇ったと言うので、その器との再会を楽しみにして、暫し料理を待つことに・・・。テーブルの上にサーブされた「びっくり天丼」。いやはや、90mmマクロレンズを持ち込んでいたので、ファインダーに入らぬほどの大きさである。

 トッピングは、エビが5匹、茄子、かぼちゃ、エリンギ、ピーマンなどが、写真のように巨大なお椀にてんこ盛り状態。ご飯は、食べても食べても減る様子がない。これは「サービスメニュー」に違いないけれども、大食漢の人には打って付けの料理となる。

 また、取材用に「カマス」が入ったとのことだったので、別にオーダーして撮影を続けたのである。これまた、「カマス」もビッグサイズにて脂が乗っている。和食の良さは、四季折々の旬の食材を楽しめることである。よって、大満足のランチとなった。

 帰り際に、同店駐車場に咲く梅や水仙の花々が目についたので、数枚カメラに収め、帰途についた。


800_5791


800_5781


800_5777


▼カマス料理
800_5839


800_5851


800_5885


800_5911


800_5901



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link
◎四季の味 やまもとや過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/9 12:17 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp