ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » ホテルオークラ福岡

ホテルオークラ福岡の桃花林を訪問

▼ホテルオークラ福岡(5月7日オープンしたばかりの1階HAKATAGAWA側より撮影)

DF1_2279


 今年初めての訪問となった、ホテルオークラ福岡の桃花林。ちょうど、料理長は会議などが入っていたために、セカンドが担当することになった。

 ランチといえども、これは完全なディナーのコース。前菜から、点心、それにフカヒレ姿の壷蒸しスープ、蟹肉あんかけチャーハン、そしてデーザートが目の前にサーブされた。

 さすがにセカンドもホテルオークラ東京からの出向組。お任せコースと言ってはいたが、しっかりと筆者の好みや腹の空き具合などをチェックして、組み立てていたようだ。

 これら料理群の中では、点心が気軽なランチ的なものだが、ニラ饅頭など、外側をカリッと仕上げて調理してあったので、サクサクとした歯触りが心地良く、中身がジューシーで旨みを全て包み込んだ絶品であった。

 食後、会議の合間を見計らって、同レストラン料理長や鉄板焼料理長、ヘッドウェイター(その日は休みだったが駆けつけてくれた)と歓談して、ここ数ヶ月の穴を埋めていったのである。

 同ホテルとのお付き合いは15年ほどになる。当社スタッフが、同ホテル開業早々の5月に挙式、披露宴をしたところでもあり、ロゼッタストーン異業種交流会の研修もお世話になったこともあった。

 いつ行っても、どんなに忙しくしていようが、必ず笑顔を見せてくれる彼ら独特の手厚い接遇に、感心してしまう次第。

DF1_2205


DF1_2212


DF1_2227


DF1_2255


DF1_2273


▼HAKATAGAWAを外から撮影
DF1_2327


DF1_2276



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/5/12 01:36 pm

ホテルオークラ福岡訪問

CNJ_9099


 ホテルオークラ福岡へ足を運んだ。

 先ず、同ホテル玄関より足を踏み入れると、ロビー中央に、博多山笠の人形が眼に留まった。「二番山笠 大黒流」・・・標題は「千年契」、人形は「豊臣秀吉」。迫力のある秀吉の姿に、同ホテルに立ち寄るお客は、揃ってスマホのカメラを向けていた。

CNJ_8955


 今回は取材ではないので、料理等は一切オーダーしていない。しかし、同ホテル地階にある中国料理 桃花林に行けば、多忙にも関わらず、必ず樋場正人料理長が出迎えてくれるのである。先般の視察の話から、地ビール、その他諸々の話で盛り上がったが、筆者の方が余り体調が良くなかったので、長時間の滞在とはならず、少々尻切れとんぼになった事をお詫びしなければならない。
CNJ_9087


 同ホテルは開業から、今年の3月で15周年となる。15年前の5月に、当社スタッフの結婚式で初めて足を運んだ事を鮮明に覚えているが、それから、ロゼッタストーン研修会などを通じて、素晴らしいリレーションシップを持つ事ができ、現在に至っている訳だ。

 今回の収穫は、写真上のホテルオークラ福岡の地ビールの話だった。何と、オリジナル地ビール「シェーンアルト」(写真中央のビール)が、JR九州が運行するクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」に採用され、この夏から同列車内でも『博多ドラフト』の「シェーンアルト」がお楽しみ頂けるとの事!!!・・・これは吉報でもあり、素敵なコラボだと感じた次第。

 尚、現在、熊本博多間の日帰りに「ビックリつばめ2枚きっぷ」というものがある。乗車券+指定席特急券+1000円分利用券で、これまた何と往復で5620円(こども3310円)という、激安プラン(前日までの購入が必要)を利用させて頂いた。これは、使ってかなりお得感のあるものだ。

▼JR九州列車の旅「ビックリつばめ2枚きっぷ」
 http://www.jrkyushu.co.jp/tabi/surprised_tsubame/index.jspLink

【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2014/8/29 08:49 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp