ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 著作権侵害

著作権を軽視するは愚行なり

D60_8318


▼水前寺東濱屋イフォマーシャル(1)

http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link



 動画上は、当社クライアントで人気鰻専門店「水前寺東濱屋」のインフォマーシャル映像である。心優しいご夫婦とご家族で店を切り盛りされている。明治10年創業とあって、その歴史と伝統に育まれた鰻の味は圧巻である。

 話は変わり・・・昨日、ふとしたことで、某サイトに行き着き閲覧していると、YouTube欄に、当社制作の動画(生産者のインフォマーシャル)を発見したのだった。

 単なるリンクであろうとクリックすると、オリジナルデータをダウンロードしたのか、つい最近、YouTube別アカウントの中にアップしているのである。当社(動画制作会社)の社名や著作権の記述もない。これは、著作権を軽視した愚行としか言えないのである。

 事前に何の連絡を受けた覚えもなく、ショップサイトの中に、自社のコンテンツの如く貼り付けてあった。実に分かりやすい著作権侵害であるが、そのイフォマーシャル(生産者の製造シーン)当事者の常識のなさにも閉口したのであった。

 当社が1995年来、熊本県第1号として管理運営しているポータルサイト「ロゼッタストーン」会員へは、要望があれば、インフォマーシャルを積極的に制作し、コンテンツの充実を図って来たのだった。

 しかし、多くのプロダクションが提示する、100万円〜150万円の制作費を要求するものではなく、クオリティの高いコンテンツに育てるために、現在まで、原則として無償で提供してきた訳だ。

 素人さんは、たかが動画だと思い込み、想定外の制作費に腰を抜かすはずである。しかし、プロ仕様の高額な機材を使用し、編集を行い、いろんなメディアに対応するインフォマーシャルを制作するとなると、数十万円で作れるはずもない。

 先ほど、他県の某制作会社のインフォマーシャル制作費の表を見たけれども、ナレーションなしで120万円とある。高そうに見えるが、取材や制作に携わる人間として見れば、当然頷ける料金である。

 今回、どのような経緯で著作権違反に及んだのか知る由もなく、当事者(生産者)へメッセージを送ろうとも、直ぐには返事が来なかった。多分、無言の姿勢を貫き通すかも知れないが、そこは法的にも絶対に見過ごせない。

 現在、著作権侵害に対する法が国内も含めて、世界的に重要視され、かなり厳しい時代になっているのも事実。されど、無知で心ない人間が、著作権を軽視し愚行に及ぶのは、常識の尺度が歪んでいるだけではなく、取材や編集などを含めて、クリエイティブなところに価値を見出せないところに、大きな問題がありそうだ。

▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink


           

  • posted by Chikao Nishida at 2016/4/9 03:16 am

著作権侵害について・・・

▼写真はイメージ(実が落ちてしまった柿の木)
800_5428


 何か落度を指摘されると、間髪を入れず第三者に接触を図り、自分の正当性死守のために、バタバタと浮き足立つ人がいる。

 第三者へは、指摘された内容(本旨)は棚に上げ、自分の都合の良い別物に摩り替えて、逆に、指摘した者へ矛先を向けている。所謂、責任転嫁のオンパレードになって行く訳だ。

 縁遠い、距離のある人物への批判が集中し、自分自身が処理すべき重い荷物を置き去りにして行くことになる。無責任極まりない挙動である。

 心ある人は、指摘を受ければ、それを真摯に受け止め、冷静に分析をした上で、可能な限り、前向きに解決できるか否かを考え、行動に移す。

 先般、「著作権侵害」についてのトラブルが生じた。指摘したものは、写真の無断トリミングと画像上に書き込まれた文字などの改竄である。事前許諾、事前確認を行うこともなく作られたデータであった。

 写真を借用したり、何かの製作物に使用する場合、必ず、その撮影者に直接打診をするのが常識。それは、「著作権」を守るための、極めて重要なルールでもある。

 指摘は、想定外に重き罰則が定められている「著作権侵害」への警鐘だったのだが、何を勘違いしたのか、「誰が悪い、誰が原因、誰が言った言わない・・・」へ、慌てふためき動いている。更に、本旨が別件にすり替えられている。すこぶる浅はかな挙動を見て、落胆の色を隠しきれなかった。

 畢竟、「著作権侵害」の通告を受けたならば、自ら足を運び、言い訳する前に、先ずは、心から詫びを入れることがベスト。大変シンプルなようだが、これが出来ぬから、事がだんだんと大きくなり、収拾がつかなくなってしまうのである。

 蛇足だが・・・いろんなトラブルが生じた場合、メールや電話で済ましてしまう人が多い。これでは、折角良い方向で解決できるものでさえも、配慮のなさにより、悪いベクトルへ向かう可能性も高くなってくる。


【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2015/10/26 04:57 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp