ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

常態化を殲滅せよ!!!

◎記事と写真は関係ありません

JOSUI


 企業内で常態化と言えば、それぞれの企業カラーによって異なる。歪み切ったベクトルに慣れてしまい、足元も見えなくなり、視野狭窄の中で自分スタンダードが最高だと思い込み、じわじわと底無し沼に首まで沈むという悪循環となっている。よって、常態化の垢が、あちこちにゴロゴロしている。

 皆が、その場凌ぎの忖度に走り、その場凌ぎの虚言を発する。フェイク情報共有が堂々と執り行われ、善玉菌は弾き出され、悪玉菌は水面下で次の虚言を模索している。これらも長期常態化すると、企業を牽引すべき有能な人材が、次から次へと外部流出し、残るは、職位ぶら下がり型無能力人間ばかりとなる。

 舌馬鹿のホテル経営者が、ホテルレストランメニューに難癖つけて、突然、B級グルメを強要し、てんやわんや。それが常態化すると、そのホテルレストランは迷走ばかりか、アンバランスで不揃いグランドメニューのてんこ盛りとなってしまう。くわばら、くわばら。

 客層レベルの低下は、全てにホテル側にある。緊急事態宣言下でも、全くルールを守らず、感染防止を拒否する客が多いのは、コロナ禍以前の問題である訳で、客層のレベルは元々低かったということになる。それが、地震や台風、コロナなどの災害時に、一気に低民度が吹き出してくるのだから、堪らない。

 こんな話を聞いたことがある、ある熟年女性が、ある宿のロビーで移動遊具を持ち込み走り回っていたという。宿側が「大変申し訳ありませんが、他のお客様のご迷惑になりますので、お止めください!」と恐る恐る言えば、「私を誰だと思っているの!?」と逆ギレしたらしい。その上、自分は特別な常連と豪語したらしいが、即退場願えれば有難い程度の人物だ。

 このような履き違えたお客が多ければ多いほど、作為的なクレーマーによる難癖が多発する。また、東京から帰郷していた女性客とその娘も記憶に刻まれているが、これまた凄い。「私は東京から来てるけど、近くでタバコを吸わないでくれないかな!?こんなところは、東京にはないよ!」と。喧嘩を売り始める。

 当時、喫煙可能な喫茶レストランは、当然のように、周囲では大勢のお客がタバコを吸っていた。数分して、筆者の近くに女性と娘がテーブルについたので、さっとタバコを消して、それから吸わないようにした矢先に、その女性から暴言が飛んできた。正直なところ、言葉遣いが分からん阿呆な人間だなと思った次第。

 どこに問題があるのか!?そこは喫煙可能なスペースなので、レストラン側が全体の様子を見て、女性が嫌煙家であれば、換気の良い奥のテーブルへ誘うべきである。また、その女性も筆者に向かって罵詈雑言を吐くよりも、スタッフへ「煙が苦手なんです。別のテーブルに移動できますか?」と小声で頼めば、それで済む。

 東京から来ている(本当は帰郷している)が、ここは田舎のレストランで煙い、臭い。だから田舎は常識がないと難癖つける。申し訳ないが、実は、田舎臭い女性の見栄だけが際立っていた。その娘も母親の辛辣な言葉を横に、とても不安げな表情をしていた。

 結局、その女性の民度の低さや常識の無さ、そしてレストラン側の気配りの無さが問題を大きくしてしまっている。筆者が帰り際に「どうも、ご迷惑をお掛けしましたね!?」と言うと、その女性は豆鉄砲を喰らった鳩のような顔をしていた。三歩歩けば忘れてしまう性格(脳みそ)なのか!?

 客層レベルの低さは、どうしても、その食事処なり宿泊施設なりのレベルの高低に比例してくる。勿論、どんなにセレブであっても、素敵なお客との評価に値しない人もいる。逆に、言いたい放題の横柄な態度は、決して人として美しくもなく、言葉尻も悪意を含んでいることが多い。それは、一般的には成金と言うが、紳士淑女であるべき常連には不向きのようだ。

 このように、想定外のものが常態化しているところでは、毎日、何か事件なり事故なりが発生している。その原因は、お客側であったり、会社側であったりと。もし、貴館が底民度客のオンパレードとなり下がっているのであれば、お客の首を全て置き換える必要性もあるが、その前に、ホテル側にこびり付いた常態化の旧型コロナウイルスを殲滅するのが最優先となってくる。

 常態化で迷走している企業は、全国津々浦々にたくさん存在しているに違いない。気づくか気づかぬか、また、勇気を持って殲滅するか否か、顧客満足度最優先でお客を育てるか否かが、大きな鍵となる訳だ。また、経営者の資質によって、企業は大きくブレてしまうので、不運にも経営側が悪玉菌ばかりであれば、先ず、その首からすり替えねばならない。それも、常態化が何度もクラスターを起こす前に、超特急にて!!!


▼浮島神社付近にて(熊本県嘉島町)
ukishima-water-001


ukishima-water-002


ukishima-water-003


ukishima-water-004


ukishima-water-005


ukishima-water-006



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/29 12:00 am

コロナ感染により絶命・・・

JOSUI


◎記事と写真は関係ありません

 私事で大変申し訳ないけれども、本日は、「新型コロナウイルス感染」について語りたい。

 一昨日のこと、何故か胸騒ぎがしたので、他県に住む、幼い頃から大変世話になっていた母方の叔父の携帯へ電話をしたのだった。ところが、電話に出ない。よって、その甥っ子に電話をすると、半年ほど入院をして、最近、急死したと言う。親戚にも知人友人にも殆ど知らせなかったので、遅ればせながら胸騒ぎのお陰で知ることになった。

 半年前に脳梗塞で倒れ、やっと3日後に退院と言って喜んでいた叔父。しかし、入院先の病院でクラスターが発生したらしく、PCR検査をしたところ陽性となり、脳梗塞からは解放されたものの、コロナ感染にて再入院をせざるを得なくなったという。寝耳に水のような話だが、それも、高齢であるが故に重篤となったようだ。

 それから1ヶ月も経たぬうちに、病状が悪化し息を引き取ったとのこと。叔母も従兄弟も皆、隔離された叔父への面会はできず、叔母に至っては、半年も叔父の顔を見る事なく、お骨となって帰ってきたという。以前、ニュースではこのような光景を目にしたが、まさか、近しい叔父が、コロナ感染で絶命するとは・・・。

 高齢なのでワクチン接種はしているはずだが、十数人のクラスターに巻き込まれたのは不運だったとしか言いようがない。ただ、聞くところによると、川で溺れるような苦しみが続き、体重も十数キロ落ちてしまい、最終的には、新型コロナウイルス変異株に対抗できなかったのだろうと。想像を絶する話に、身の毛がよだち、体全体の力が抜けてしまった。

 若き頃は、背が高くすらっとしてイケメンの叔父だったが、昔を思い出せば、その優しい笑顔しか出てこない。その優しすぎるほどの人間を、コロナはこれでもかと苦しめるのだから、とんでもない生物兵器だと、腑が沸たぎる思いとなった。フェイクばかりの世界において、これほど酷い人体実験は許されるものではない。

 ワクチンがどうだとか、特効薬がどうだとか、そもそも、生物兵器を作り出した異常者は、地球全体を滅ぼすことになるのを、舌を出して含み笑いをしているのかも知れないが、必ず、必ず、このウイルスによる殺戮は、ブーメラン現象が起き、その人物、その国へ倍返しで戻って行くのだろうと確信する次第。

 緊急事態宣言云々の前に、人の命が虫けら同然に奪われている現在、総裁選に躍起になる政治屋やマスコミ。何を考えているのか、自分の足元だけを見ている無責任集団の恥ずかしさの境界線を逸脱した醜態ぶりを、国民が許すはずがない。マスコミは、コロナ→オリンピック→パラリンピック→コロナ→総裁選と、視聴率ばかりに目を向けるから、茶番劇の連続となる訳だ。

 もっと真剣に徹底させて欲しいのは、飲食店や宿の「新型コロナウイルス感染防止」の認定を受けているのであれば、ウィズマスクなど厳しい指導は勿論の事、大声で場を賑わせている人間をつまみ出すほど徹底しなければ、また、次の犠牲者が、お構いなしに、鼠算的に激増するばかりとなる。憎きコロナに仇討ちができないところが、実に腹立たしいが、この場を借りて、叔父の冥福を祈りたい。


▼写真は、熊本県山鹿市菊鹿町の水田と彼岸花
corona-001


corona-002


corona-003


corona-004


corona-005



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/28 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp