ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

企業戦士予備軍へ送るメッセージ・・・

◎記事と写真は関係ありません

josui-3


 「念ずれば、叶う!」を心に秘めて、日々闘っている。眼前の一つ一つの事象を冷静に見据えて、歯を食いしばり、気合を入れて全集中。そんな毎日を送っている訳だが、何とも気持ちが通じない人も多く、時には折れそうになってしまう。兎角に、ノリの良い人は、突然トーンが落ちて、目の前で墜落する。

 それは、本気モードを持続できない性格なのか、諦めが早いのか、周囲の悪い環境に感化されるのか、何とも要因が掴めにくいが、初志貫徹をモットーとしない人たちなのだろうと。結局、本気モードを持続できなければ、決め事は何も具現化しない。振り返ってみると、無駄な時間ばかりが経ったで終わってしまう。

 ローリスク・ハイリターンを欲する、都合の良い人たちが多いのには驚く。そんなに楽して目標達成できるはずがない。ノリが良くても、その本気モードを維持できなければ、最初からノルな!と言いたくもなる。柳のような人間が多い、狸のような小狡い人間も多い。言い訳したいのなら、一つでも具現化してから言うべきだ!

 美辞麗句を並べたり、耳障りな修飾語が多い言葉は、もうウンザリである。そんな言葉を聞くくらいならば、期待する価値もなく、聞く耳も持ち合わせていない。自分の周囲が大惨事となっているのならば、死ぬ思いで牙城を守らねばならない。近しい人たちが困っているのなら、尚更のことである。

 今では死語となった「企業戦士」。しかしながら、その「企業戦士」こそが、企業を支える主軸となるヒューマンウェアなのである。ヒューマンウェアなくして、ソフトウェアは実らず。ソフトウェアなくしてハードウェアは活かされない。よって、ヒューマンウェが育ってこそ、企業は難攻不落の城となる。

 軽々なる発言が多い人物のネガティブなシナリオは、周囲の同僚のモチベーションをも低下させる。所謂、腐った蜜柑が1個あれば、その蜜柑箱の蜜柑は皆腐ってしまうということである。企業を弱体化させる、虚言、隠蔽、責任転嫁、そして背任の数々。それらの「膿」を出さねば、企業は砂上の楼閣と化す。

 言葉に出したら、即実行。言葉を放てば、己は盾に。決まり事があれば、具現化のためにとことん前に突っ走る。そのような人間が「企業戦士」として称賛され、企業には必要不可欠な「大陸間弾道弾」のような破壊力のある武器となる訳だ。勝負事は逃げるが勝ちではなく、攻めるが勝ちである。

 某企業で繰り広げられる、後手後手の戦略なき醜態を見て、情けなくなってしまう。部下を育てられぬのは、経営側に能力が無いからである。部下に数字を押し付け、何の根拠もなく弄りまくる姿は、ガキの成す業。部下の目の前に人参ぶら下げ、そこに責任という漬物石を上からのせてお仕舞いなのか!?

 能なし鷹は、爪をよく伸ばしている。経営側に「俺に任せろ!」と言える大人物はいないのか!?職位を濫用し、保身に傾注する大馬鹿者の集まりか!?意表を突くような発想もなければ、毎回、猿真似企画の連続線香花火。唯一無二なる戦略なんぞ有ったもんじゃない。一体全体、どうする??若き諸君!!

 因みに、諸葛亮孔明の名言の中に、「内部の守りを固めずに、外部を攻めるのは愚策である。」とある。正に、上述の能なし鷹の愚行を指しているように思えてならない。ここで、若き諸君(意欲と才能あるサイレント・マジョリティ/企業戦士予備軍)へ申し伝えたい。Appleの創始者スティーブ・ジョブズの名言の一つ「Think different」を、毎日口ずさんで仕事に取り掛かっては如何かと!?。


▼康平寺(熊本県山鹿市鹿央町)
kohei-temple-0000


kohei-temple-0001


kohei-temple-0002


kohei-temple-0003


kohei-temple-0004



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/18 12:00 am

顧客満足度最優先を忘れることなかれ!

◎記事と写真は関係ありません

josui-3


 「視野狭窄」、よく聞く言葉だが、業務上で自分自身がその「視野狭窄」の対象となっていることに気付かぬ人が多い。何故なら、自分が常にスタンダードなので、その視野が広いのか狭いのかを客観視できず、当然の如く、本人は「視野狭窄」の対象とは無関係であると胡座をかいているに違いない。

 勿論、「視野」のどれほどの幅なり奥行きなりがスタンダードなのかは一概には言えない。ただ、一つの業務において、なかなか上手い具合に前に進めない人を見ていると、創意工夫をしているつもりのようだが、引き出しが少なく、秘策が視野の外にあることに気づかず、負のスパイラルへと引き摺り込まれる。

 ここで、一つの料理の値段を決めることにする。一人の人間は、生真面目にて原価を最優先し、仕入れ値から逆算して、値段を決める。別に間違いではないが、それだけに偏ると、料理を食すお客を十分に納得させるような料理になっているかと言えば、極端に質の低下をもたらすだけで、悪循環の繰り返しとなる。

 また、一人の人間は、仕入れ値を見て急騰を察知すると、先ずは、質を落とさず仕入れができる方法を模索する。肉や野菜が或る日突然高騰したとしても、クレバーな職人は、どのような悪条件下であっても、お客の満足度最優先に、質の低下に至らぬよう、日頃からトラブルシューティングをシミュレートしている。

 前者の悪循環は、以下のようにして生まれる。日頃からボーッとしているので、食材が急騰すると、仕入れ値が高くなり利幅減に気を取られ、単に、料理の値段を高くする方にベクトルが向く。よって、同じ食材を使うので、料理の味は変わらぬが、お客の負担が増えることで、常連客にはバレバレとなる。

 後者の場合は、需要供給のバランスをよく考え、季節や災害などで急騰しやすい食材については、契約農家の制度を導入し、お互いにウィン&ウィンの相互信頼を重視し、市場での食材の急騰に左右されず、互いに協力し合って、可能な限り顧客満足度を上げるベクトルにて動き、料理の値段はそのまま据え置く。

 前者は、「視野狭窄」であるからこそ先を読めず、何事も後手後手の状態にて、数字のお遊びで終わり、帳尻を合わせることだけに必死となり、その結果に自己満足している。後者は、日頃から冷静沈着に大局的に見据えており、微々たるトラブルに動揺することもなく、次の更に次の手を読みながら決断を下す。

 貴方が、上のどのタイプの人間なのかは分からないけれども、もし、貴方が料理人であれば、後者を選択し、常に、顧客満足度を最優先に動かれることをオススメしたい。自分の懐事情ばかりを優先し、算数のお遊びばかりをしていると、お金を落としてくれるお客は激減するばかりとなることを知るべきである。

 畢竟、料理の値段が高かろうが安かろうが、数字で操られた料理よりも、料理人の愛情が籠った顧客満足度最優先の料理の方が断然旨いのは、当然の結果である。


▼リーズナブルなシェフランチ(カキフライ)ダイニングキッチン九曜杏
cheflunch-001


▼この2ヶ月間で食したビーフカレー(シェフの性格がよく出ている)ダイニングキッチン九曜杏
curry-q-001


curry-q-002


curry-q-003


curry-q-004



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/16 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp