ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

ローパスフィルタのクリーニング・・・

▼3年前に購入したNIKON D800

NIKON2


 夜景を撮影に行き、撮った写真をじっと眺めていると、雲の部分にうっすらと小さな黒丸の存在に気づいた。多分、C-MOS手前のガラス面(ローパスフィルタ)にゴミが付着したものだろうと思い、カメラ内部のクリーニングをすることにした。

 専用のペイパーとアルコール。ミラーを上げて、そのガラス面を横、縦に拭き取り、拭き残しのないように、何度も確認をしながら、クリーニングをして行った。その後に、最終確認を行い、カメラ本体を下に向けて、ブロアーでその内部を吹き飛ばし、キャップを装着したのだった。

 日頃、ポートレートや景色などを撮っていると気づかぬ汚れ。たまに、無地の滑らかな壁面などを写して確認すれば良いのだが、結構忘れがちとなるローパスフィルタの汚れ。そのまま使っていると、折角の青空などにドットが散らばることもある。(写真下を参照)

▼トリミングして確認したドット

dirty


 下の写真は、先ほどクリーニングを施したNIKON D800とSIGMA12-24mmスーパーワイドレンズを使用して撮影したものだ。一昨日、DfとZeissで撮影したものとは別物で、歪みもあり、色乗りも、発色も悪い画像となっていた。正直なところ、かなりがっかりした絵面であった。(三脚使用)

▼Sigma 12-24mmスーパーワイドで撮影(三脚)
nighit2


 ところが、下のDfとZeissで撮影したものは、手持ちでの撮影に関わらず、発色も良く、全体的に透明感がある。これほどまでに、レンズにより、また、カメラとの組み合わせにより、写真が変わるものかと・・・ちょっと、考え込んでしまった。やはり、画素数より画質を、そして、レンズの質をしっかりと調べた上で入手すべきだと、自分に再度言い聞かせた次第。

 現在、筆者にとっては、DfとZeissは最高の組み合わせではないかと、雨の降る日に、オフィスでニンマリとしながら、次の被写体を考えてしまった。


▼1年半ほど前に購入したNIKON Df
NIKON


▼Zeiss Distagon 28mm f2.0で撮影(手持ち)
night1



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/4/4 06:20 am

Zeissの底力・・・

D80_6432


night1


 昨日、深夜に夜景を撮りに行った。オフィス近くにある、小さな山の山頂近くだ。

 先般入手した、Zeissの撮影実験でもあるが、三脚を忘れ、手持ち撮影で数枚撮ってみた。

 午前零時を回っていたので、夜景がやけに暗い。よって、思い切ってISOを6400まで上げての撮影。シャッタースピードが1/2となり、結構苦しい撮影だった。

 暗いところに手を伸ばすように拾い込みをするとの評価だったけれども、このレンズは正しく魔法のようなレンズで、流石にZeissの底力を感じた瞬間でもあった。

 次回は、三脚を持参して、絞り気味に全景の暗闇の底まで拾い込もうかと意気込んでいる次第。

 「レンズは命」と言うが、これほどまで従来のレンズとの差があるとは、想定外であった。

night2



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/4/3 01:43 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp